患者会・患者支援団体

がんと共に生きる会 広島支部

対象のがん種 全がん
活動趣旨・活動目的 【癌と共に生きる会 3つの目的】
・世界で標準的に行われている治療が受けられること。→ 使いこなせる医師が居ること、治療薬が使えること
・QOLが維持されること。(痛くない、つらくない)
・がんになっても、経済的に逼迫しないで済むこと。

【私たちの目的は『がん難民』を無くすことです。】
元気な日を一日でも長くするための医療の普及です。
治癒が見込めない進行がん患者であっても、現代の医学では、普通の生活を送りながら生存期間を延長させる治療(QOLを維持した延命=化学療法)は可能です。
しかし、制度上の問題や、多種多様な抗がん剤の力を最大限に引き出せる医師の不足等の理由により、多くの進行がん患者がそういった治療を受けることが出来ないことが『がん難民問題』であり、問題が認識されるようになって久しい現在に至っても、『がん難民問題』は解消されていません。
多くの進行がん患者にとっては、効果があり辛くない治療を受けることが出来ないということが、切実な問題であると思います。
今、私たちがこの問題に真剣に取り組まなければ、この問題はいつまで経っても解決しません。
そのために
■必要な施策を国・地方に要求します。
■充分な予算を要求します。
どうか、当会の目的にご賛同いただき、ご協力くださいますようお願い致します。
主な活動内容 詳細は会のHP【がん医療の現状に対する会の取り組み】をご覧ください
代表者 石橋 健太郎
連絡先 〒722-0341  尾道市御調町神140-2 TEL 0848-76-2722 FAX 0848-76-2787 URL http://www.cancer-jp.com/
問い合わせ お問い合わせはこちらからお願いいます
会費 年会費 5,000円(事業年度ごとに必要になります)
入会手続き 詳細はこちらのHPをご覧ください
更新日時 2017年07月08日 09時59分

活動一覧

  • 関連記事はまだありません。

PAGE TOP