患者会・患者支援団体

若年性乳がんサポートコミュニティ Pink Ring

対象のがん種 乳がん
活動趣旨・活動目的 2010年に聖路加国際病院の若年性乳がん患者に対するグループ療法の臨床試験として誕生。2015年に体制を一新し、現在は体験者と医療者が協同で運営する“若年性乳がん体験者のための患者支援団体”として活動しています。
同じ病気を経験した同世代の仲間と出会い、若年性乳がん特有の悩みや不安(妊娠、出産、恋愛、結婚、仕事、美容など)を共有しあえるコミュニティの提供や、病気や治療と向き合う上で必要な正しい情報の発信、さらに若年性乳がん研究への支援活動など、体験者の目線、医療者の目線から、20代・30代で乳がんを罹患した若年性乳がん体験者を多角的にサポートしています。
主な活動内容 ①情報発信
若年性乳がんに特有な医学的問題(妊孕性ーにんようせいー※1、治療後の出産、遺伝性、乳房再建など)や、社会的問題(就労、経済、医療資源など)について適切かつ正確な情報を当事者に提供する。また、医療者、研究者、一般社会とも問題を共有し、改善に向けての提言を行う

②コミュニティの提供
体験者やその支援者が安心して交流できるコミュニティの提供、およびそれらを通した当事者たちのエンパワメント※2

③研究支援・研究活動
若年性乳がんの医療や生活の質の向上につながる研究への提言や支援、研究活動

※1 妊娠する力 
※2 がん体験者自身が本来持っている力を十分に発揮して乗り越え生きること

詳細はこちらのHPをご覧ください
代表者挨拶 Pink Ring Extendを立ち上げてくださった前代表の松さや香さんの跡を引き継ぎ、2014年夏より代表をさせていただいております。
私は31歳のときに左胸の乳がんが見つかり、全摘手術を受けました。告知されたばかりのころは、「どうして自分が乳がんになってしまったのだろう」と戸惑い、病気になってしまったことへの憤りや、周りの友達から取り残されたような孤独感、女性としての喪失感、そして、突然自分の生活が一変してしまうことに対する大きな不安…、何より、これから先、生きていられるのだろうかと、怖くて孤独でした。
乳がん4年生を迎えた今も、がんになったことを乗り越えたとは言えませんが、乳がんとともに、これから先の人生を歩いていく、その覚悟はできたような気がしています。それはきっと、同じ気持ちを共有できる、同じ病気を経験した同世代の仲間に出会えたからです。仲間の存在に、私自身、どれだけ励まされたことかわかりません。
誰かに話すこともためらわれるような気持ち、でも誰かに聞いてほしい想い…。ライフフェーズは様々でも、「乳がん」という同じ経験をしたことで、不思議とすぐに打ち解け、想いを共有し共感し合えるのです。私たちはいつでもあなたの参加をお待ちしています。
「乳がんになっても、がんになった後の新しい未来を歩いていけること。」
「またちゃんと笑える日がくること。」
「ひとりじゃなくて、同世代の仲間がここにいるよってこと。」
私たちはPink Ringの活動を通して伝えていきます。そして、若年性だからこその問題をもっと社会に知ってもらい、若年性乳がんを経験した方のこれから先の人生が生きやすくなることを願っています。
このコミュニティの存在が、今孤独に乳がんと向き合っている方々の少しでも光になりますように―。
代表者 代表 御舩美絵
連絡先 URL: http://www.pinkring.info/contact/ FB: https://www.facebook.com/pinkring.japan/
問い合わせ こちらのHPをご覧ください
入会手続き 詳細はこちらのHPをご覧ください
更新日時 2017年09月23日 12時11分

PAGE TOP