患者会・患者支援団体

NPO法人AWAがん対策募金

えぬぴーおーほうじん あわがんたいさくききん

対象のがん種 全がん
活動趣旨・活動目的 2008年にリレーフォーライフ (主催/日本対がん協会・RFL徳島実行委員会後援/厚生労働省・徳島県医師会他多数) を開催したのをきっかけに2009年1月から患者会“ガンフレンド”を開催し、患者・家族の情報交換の場ができました。その中で患者・家族の方の声から経済的負担・情報不足・未承認薬の認可など多くの問題に対して、今できることをやっていこうとの思いでAWAがん対策募金設立を呼び掛けるようになりました。
  このNPO法人は広く県民を対象とし、すべてのがん患者並びにその家族の経済的負担を軽くする為の援助活動の支援、がん医療の均てん化に役立つ患者・患者会等への活動の支援、在宅緩和ケアにおける支援、未承認薬早期認可に向けた活動の支援に貢献します。
主な活動内容 詳細はこちらのHPをご覧ください
代表者挨拶


NPO法人AWAがん対策募金
         理事長 勢井 啓介
  2008年にリレーフォーライフ徳島(主催/日本対がん協会 後援/厚生労働省他多数)を開催したのをきっかけに、翌年の1月からがん患者・家族の会“ガンフレンド”を開催し、患者・家族の情報交換の場ができました。その中で、患者・家族の方の声から経済的負担・情報不足・未承認薬の認可など多くの問題に対して、今できることをやっていこうとの思いで『AWAがん対策募金』設立を呼び掛けるようになりました。

  このNPO法人は広く県民を対象とし、すべてのがん患者並びにその家族の経済的負担を軽くする為の援助活動の支援、がん医療の均てん化に役立つ患者・患者会等への活動の支援、在宅緩和ケアにおける支援、未承認薬早期認可に向けた活動の支援に貢献します。

  特に、経済的な支援はがん患者の就労問題にもあり、がんと診断されると、3人に1人が職を失い、平均年収が半減してしまうという調査結果もあります。

  がんになったら治療のための経済的な負担が大きく、それに長期間は耐えられずに、標準的な治療を受けることを断念したり、より費用の安い治療を選んだり、なかでも経済的な理由で治療を断念し、そのことが原因で亡くなられた方もおられます。

  経済的負担の解消・軽減のためにどういった形での支援が最良なのか、これからたくさんの声を聞き、それを形にしていきたいと思っております。
  皆様の声とお力添えをいただくことで、この『AWAがん対策募金』に集まる善意をますます身近で、少しでもがん患者・家族の方のお役に立つことができるよう、今後とも温かいご支援をお願いいたします。

代表者 理事長 勢井啓介
連絡先 〒774-0015 徳島県阿南市才見町旭越山68番地 TEL : 0884-23-3553 FAX : 0884-23-2588 通常平日 8:00~17:00 E-Mail : awagan@mbr.nifty.com
入会手続き 詳細はこちらのHPをご覧ください
更新日時 2017年07月31日 10時10分

活動一覧

  • 関連記事はまだありません。

PAGE TOP