患者会・患者支援団体

特定非営利活動法人 わたしのがんnet

対象のがん種 全がん
主な活動内容 詳細はこちらのHPをご覧ください
代表者挨拶 がんと生きる“わたし(本人)”は、がんそのものの痛みに加え、抗がん剤や放射線治療の副作用など様々な痛みに向き合っています。再発・転移といった不安や、治療が長引くことで生じる経済的困窮に社会的孤立もまた、わたしたちを精神的に追いつめていきます。「わたしのがんnet」は、こうした問題を本人自らが見つめ直し、解決に向けて活動していく団体です。がんに悩む全ての“わたし”が、インターネットのサイトやイベント・シンポジウムなどを通じて繋がり合い、語り合い、発信し、心身に生じる様々な痛みを和らげるとともに、時には、医療者や行政、社会へ提言していくことを目的としています。

特別代表である故山本孝史(享年58)は、参議院議員として活躍していた2006年5月22日、国会で自らががんに罹っていることを公表し、「救える命がいっぱいあるのに、次々と失われているのは、政治、行政、社会の対応が遅れているからだ」と訴え、“がん対策基本法”を成立へと導きました。がんと生きる“わたし”の発信こそが社会を変える原動力になる…。わたしたちは、山本孝史の生き方からそれを学びました。そうした思いを原点とし、がんを抱えても最後まで“わたしらしく”生き抜ける社会の実現に向けて活動をしていきます。
連絡先 東京都渋谷区富ヶ谷2-12-19 ターク池田1F TEL:03-3466-1558 FAX:03-3466-1559
法人認定日(NPO、一般社団等) 2014年9月3日
更新日時 2017年10月31日 15時24分

活動一覧

  • 関連記事はまだありません。

PAGE TOP