患者会・患者支援団体

特定非営利活動法人がんとむきあう会(元ちゃんハウス)

活動趣旨・活動目的 がんとむきあう会の目的と活動

わたしたちはがんを抱えた方が、家族が、友人が、がんとむきあいながらも、病人ではなく、その人らしくいることができる“場”を、金沢の町につくることを目的に活動しています。
がんとむきあう場は病院だけではありません。がん相談支援センターなど行政が提供する場もあります。家族や友人という場もあります。患者会などの場もあるでしょう。 しかし、そうした場とは違う、あなたが自分を取り戻せる場を欲しいと思ったことはないでしょうか。
いろいろな意見や考えに耳を傾けることも必要です。家族や友人の思いに触れることも大切です。しかし、ひとりになって自分を見つめる、そんな〝場〟も必要ではないかとわたしたちは思っています。 日常から離れ、自分を見つめ、自分を取り戻す。あなたが、あなたでいられる〝場〟です。
その一つのモデルとして、わたしたちはイギリスのマギーズがんケアリングセンターに出会いました。 ひとりのがんを抱えたイギリス人の女性が「病人ではなく、ひとりの人間に戻れる場が欲しい」と願い、その思いをもとに設立されたものです。 だれもが自由に訪れ、くつろぎながら、思いのままの時間を過ごすことができます。 小さな家庭的な安息所のような空間は、共感の輪を広げ、イギリス各地で設立が進み、海外でもその動きが広がっています。 日本では2014 年から東京に設立するプロジェクトがスタートしています。
金沢の町にもマギーズがんケアリングセンターのような場をつくることはできないだろうか…、わたしたちは思いました。 わたしたちの町にそうした場が“ある”ことで、多くのがんを抱えた方や家族、友人が安息できる。医療や介護、福祉にたずさわる人たちにこころの余裕が生まれる。 町で暮らす人の誇りとなる。わたしたちの町がさらに魅力的になる。
わたしたちの思いは今につながる2010年からの活動になりました。
そして、2016年6月、特定非営利活動法人がんとむきあう会を設立しました。
主な活動内容 【1 階コミュニティルーム】 
月~金曜日 11:00~15:00

【3 階サロンルーム】 
第 1 土曜日 11:00~13:00(がんとむきあう会料理教室)
(偶数月)
14:00~
(金沢マギーまなびの教室)
第 2・4 火曜、第 1 土曜日
13:00~16:00
(金沢マギー)

代表者挨拶 2人に1人ががんを抱える時代となりました。
がんとむきあうとはどういうことでしょうか。
むきあうには、人や問題と相対するという意味があります。
英語ではfaceという語が使われます。
“かお”を正面にむけて見つめることを言います。

あなたはがんを抱えた方ですか。
あなたはがんを抱えた方の家族や友人ですか。
そんなあなたが、がんとむきあうとは、
がんとむきあい、その向こうにある自分を見つめることだと思います。

それは、あなたが気付いていない気持ちを知ることかもしれません。
それは、あなたが望んでいる生き方を感じることかもしれません。
それは、あなたが生活者として明日を考えることかもしれません。

がんとむきあうことができても、できなくても、
あなたがあなたでいられる〝場〟があることを願っています。
いつでも訪れることができる安息の〝場〟を金沢の町につくりたいと思っています。

ようこそ、がんとむきあう会へ。
問い合わせ 詳細はこちらのHPをご覧ください
法人認定日(NPO、一般社団等) 平成28年6月8日
更新日時 2017年08月10日 17時31分

活動一覧

  • 関連記事はまだありません。

ぜひメールマガジンにご登録ください。
ぜひメールマガジンに
ご登録ください。
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい