患者会・患者支援団体

OLAS for cancer survivor

オーラスフォーキャンサーサバイバー

対象のがん種 婦人科がん(子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん、肉腫等)、子宮や卵巣の治療をしている方
対象地域 広域
活動趣旨・活動目的 子宮や卵巣を取ったり、それらの機能がなくなってしまっても性生活は諦めなくてもいいことを伝え、治療に伴って起こる性生活に関連した身体的な変化と対処法を発信していきます。
直接的な影響が大きく、精神面でも気持ちが追いつかず、なかなか性生活を再開できなかったりうまくいかなかったりする声をよく聞きます。
そのようなサバイバーの背中を優しく押せるような情報発信をしていきたいと考えています。
非常に周りに相談しにくい話題とは思いますが、がんサバイバーの体験談とともに生の声を届け、みんなで共有し支え合えるような環境を作ります。
主な活動内容 noteでの情報発信
今後イベントも検討中


代表者挨拶 病院ではなかなか知りえない情報を伝え、情報を知らないことで悩む人を少しでも減らせるよう、この活動を通して努力していきます。
代表者 宮本紗代(代表)、佐々木桂子(代表補佐)
連絡先 https://www.instagram.com/olasforcs/
https://twitter.com/OLASforcs
ホームページ https://note.mu/olas
メール olasforcs@gmail.com
設立年月日 2018年11月18日
特記事項 お困りのことがあればDMやメールアドレスでご連絡ください。体験談を募集しています。
更新日時 2019年01月30日 10時34分

活動一覧

  • 関連記事はまだありません。

ぜひメールマガジンにご登録ください。
ぜひメールマガジンに
ご登録ください。
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい