新着情報

がん化学療法看護認定看護師 かみうせまゆの 「忘れえぬ患者さんたち」第13回
 日曜日の15時 ~Sさんの大切な時間~

掲載日:2020年9月2日 17時28分

 ハルウララの根付

 ハルウララという競走馬を覚えていらっしゃいますか?
 2000年頃に走っていた、連敗続きのお馬さん。それが人気となり、日本中にブームを巻き起こします。単勝馬券が“当たらない”として、交通安全のお守りとして売られたり、映画化されたりしました。

 先日、仕事道具を整理していたところ、引き出しの奥から、ハルウララのマスコットがついた根付が出てきました。この根付には、当時血液がんで治療中だった50代男性のSさんから教えてもらった大切な思い出が詰まっています。
 Sさんは、血液がんの治療のため、抗がん剤大量投与中で、長期入院していました。

 ある平日の夕方、「良いことがある時に食べる」と言っていた、ハーゲンダッツのバニラアイスを食べていました。

 私「何かあったんですか?」

 Sさん「あのね、僕のお馬さんが、今度デビューすることになったんだ。実は、僕は共同で馬主になっているの。ほら、この写真。かわいいでしょ? つぶらな瞳がたまらないよね」

 遠く離れている北の大地でのびのびと育った、つややかな毛並みの牝馬。
 競走馬のことは詳しくなかったのですが、Sさんの心の支えになっていることが伝わってきました。

馬はときに気高さも感じさせる(写真と本文は関係ありません)。


 点滴の時間をずらす

 Sさんは、日曜日になると、必ずと言っていいほど、お姉さんに差し入れてもらった競馬新聞と赤ペンを抱え、テレビに釘付けになっています。そんな姿を見て、私もときおり一緒にテレビ中継を見ることもありました(さぼっているのではなく、私なりのSさんに対するコミュニケーションでした)。

 メインレースのある日曜日の15時台は、Sさんにとって大切な時間なのです。

 点滴指示がある際は事前に主治医の先生に相談し、可能なものは30分ほど時間をずらしても良いと許可を得ました。

 その後のとある日曜日の15時頃、後輩の看護師が「これから点滴交換に行ってきます」とSさんの部屋へ向かおうとしました。
 私は急いで彼女を追い、「待って。Sさんは今、大切なテレビの時間だから。そっと様子を見に行くのは良いけれど、点滴の時間は少しずらしてあげて。担当の先生の許可はとっているから」と声をかけました。


 きっと人気者になるよ

 週に1度の楽しみの時間。
 適切な医療を提供するためには、主治医の指示通りの与薬(点滴や内服など)は重要です。しかしながら、患者さんの大切にしている時間を、少し工夫して見守ることも必要だと教わりました。

 Sさんは退院する際、「ハルウララ」のマスコット付きの根付を一つ、置いていかれました。

「日曜の15時、いつもそっとしてくれてありがとう。ハルウララは人気者。これを持っていたら、あなたもきっと、人気者になるよ」と。

 あれから数年経ちます。Sさん、お元気にしていますか?


上鵜瀬 麻有(かみうせ まゆ)

 2002年に看護師免許を取得後、大学病院・がん診療連携拠点病院などで勤務。がん化学療法看護認定看護師として、患者さんの心身のケア、精神面のサポート、生活情報の提供などを行っている。
 2020年6月より公益財団法人日本対がん協会に所属。
 このエッセイでは、これまでに出会った患者さんたちの物語や忘れえぬ場面、言葉などを看護師ならではの視点で描いていきます。なお個人のエピソードは、プライバシーを守るため一部改変しています。

ぜひメールマガジンにご登録ください。
ぜひメールマガジンに
ご登録ください。
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい