新着情報

がん化学療法看護認定看護師
かみうせまゆの 「忘れえぬ患者さんたち」
第17回(最終回)孫と一緒に楽しんだおとそ

掲載日:2020年12月25日 16時30分

 年末年始は孫と美味しい酒を飲みたい

 数年前の年末、外来待ち合い室に、胃がんの手術後で、抗がん剤治療中のSさん60代ご夫妻の姿がありました。Sさんは60代、奥さんと何やら相談している様子です。

 しばらくして、私がSさんのところへ抗がん剤治療前の問診に伺うと、「ほら、看護師さんに聞いてみたらどう?」と奥さんがSさんに声をかけました。

「Sさん、何か気がかりなことや困っていることがありますか?」 

 数分間の沈黙ののち、Sさんが語りはじめました。
「こんなこと聞いたら呆れられちゃうかもしれないけど。胃がんの手術をした後はお酒を一切やめていたけれど……少しの量でいいから、年末は孫と一緒にお酒を飲みながら、話をしたいんです」

 Sさんは胃がんになる前までは、ウィスキーや日本酒などの晩酌を欠かせなかったとか。
 手術で20キロ減ったという、細くなった身体からふり絞るように、「家族と年末年始を楽しく過ごしたい」という思いを語られました。

 診察時、Sさんは「からだの調子は変わりません」と医師へ伝えたのち、私へ視線を向けました。
 アイコンタクトを受け取った私は、「○○先生、Sさんが年末年始のことで相談したいことがあるみたいです」と添えました。

 主治医は、Sさんの年末年始の予定を伺うと、こう言いました。
「Sさん、お休みの日ぐらいは病気のことを忘れて、ご家族とゆっくり過ごしていいんですよ。年末は抗がん剤の休薬期間に入っているから、問題はないですよ。グラス一杯くらいは飲んでも大丈夫です」

 主治医の言葉を聞いた瞬間、Sさんはホッとした様子で笑みをこぼされました。
 その様子を見た主治医は、さらにこう続けました。
「Sさん、医者の私も人間ですから、たまにお酒を飲むこともあります。普段はSさんの治療のために細かいことを言う時もあります。でも、抗がん剤治療のために辛い毎日を過ごすのではなく、Sさんが大切にしていることも応援したいので、いつでも相談してください」

 診察後、Sさんは私に、「ありがとう。年末年始だけは病気のことを忘れてみようと思う。安心して妻と息子一家とゆっくり過ごすよ。先生にもよろしく伝えてください」と話されました。


 年越し夜勤で恋愛相談

 病院に休みがないのは当たり前ですが、私も年越し夜勤を5回くらい経験したことがあります。時計を見てカウントダウンできたのは2回くらいでしょうか。ナースコールの対応で気づいたら0時をとうに過ぎていたり、緊急入院の患者さんを迎えに行ったり……。

 外泊や一時退院ができず、病院で年越しする方も多くいらっしゃいます。
 ある年の夜勤で、血液がん治療で長期入院中だった40代のYさんが、同じ病棟に入院中のNさんとともに(おふたりとも小学生の子どもさんがいる)「何だか眠れないの……」と病室からナースステーションまでやってきました。

 その日の夜、ナースステーション前の面談室が空いていたので、私はおふたりとしばらくの間お話をしました。同僚も途中、少しの時間でしたが参加しました。
 治療のこと、家族のこと、スタッフの恋愛相談まで。

 あたたかい飲み物(お酒ではないです)を飲みながら、年越しの瞬間は、アイドルの特番のチャンネルをつけて、小声で「今年もよろしくね」と交わしました。
 巡回時間が来たので、YさんとNさんにあいさつし、私はその場を後にしました。

 巡回後に、おふたりの病室を見回ると、穏やかな表情で眠りに就いていました。
 共に過ごし、語ることも、大切な看護(ケア)であると感じました。

 年越し夜勤のご褒美は、何と言っても、病室の窓から、初日の出を患者さんたちと眺めることです。この日ばかりは、早起きが苦手な患者さんも窓辺に並んで、「まだかねぇ」と湖畔を見つめています。


 新しい年を迎えた外来にて

 お正月休み明けの外来は、年末年始休業で治療のスケジュールが変更になった患者さん、通常予約の患者さん、連休中、体調が悪くても我慢していた患者さんらがどっと受診されます。

 混雑している外来も落ち着いた昼下がり、先にお話しした胃がん治療中のSさんと奥さんが診察を終えて会計窓口にいらっしゃいました。Sさんは、
「年末年始は孫と一緒におとそを飲んで、おせち料理も食べることができました。あの時相談して本当に良かった、ありがとう」と、うれしそうに話されました。

患者さんと一緒に眺めた湖畔の初日の出(写真=かみうせまゆ)。



 かみうせまゆの「忘れえぬ患者さんたち」は、今回が最終回となります。2019年の10
月から、17回にわたり、お読みいただき、ありがとうございました。年末年始、暖かくしてお過ごしください。

これまでの、がん化学療法看護認定看護師 かみうせまゆの「忘れえぬ患者さんたち」はこちらよりご覧いただけます
上鵜瀬 麻有(かみうせ まゆ)

 2002年に看護師免許を取得後、大学病院・がん診療連携拠点病院などで勤務。がん化学療法看護認定看護師として、患者さんの心身のケア、精神面のサポート、生活情報の提供などを行っている。
 2020年6月より公益財団法人日本対がん協会に所属。
 このエッセイでは、これまでに出会った患者さんたちの物語や忘れえぬ場面、言葉などを看護師ならではの視点で描いていきます。なお個人のエピソードは、プライバシーを守るため一部改変しています。

ぜひメールマガジンにご登録ください。
ぜひメールマガジンに
ご登録ください。
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい