癒しの空間

今月の写真

癒しの空間では、NPO法人癒し憩いネットワーク様より、お写真や動画をご提供いただき、ご覧いただきたい画像を寄稿しています。

秋風運ぶ、九月の花

 日本列島は初秋の9月を迎えました。九州は陽がさす日中は、まだ汗ばむ候ですが、朝夕は涼しい空気に触れるようになって来ました。今回は高原や山の中腹で、初秋の花たちを訪ねます。大分の飯田高原では橙色のフシグロセンノウが微かに揺れています。愛媛にある九万高原でも、四国カルストとして広がる石灰岩の傍で、紫色系のアザミとゲンノショウコやタデの花たちが、また赤いイチゴの実が、風に揺れて・・・。

 一方、本州に目を向けると、長野の志賀高原では高山植物の女王と呼ばれるコマクサが、また広島の吾妻山の中腹では青いマツムシソウが、高原を渡る風に頭を振っていました。ところで秋は海岸にもやって来ます。愛知の伊良湖岬では、灯台の近くに薄紫色のハマナタマメが、アザミ、ハマナデシコ、ハマカンゾウなどと共に、太平洋からの潮風に揺れては遊んでいます。


癒し憩い画像データベースでもご覧いただけます https://iyashi.midb.jp/best/3181

YouTube再生リスト / https://bit.ly/3Tvnpcv

コマクサ

コマクサ

ハマナタマメ

ハマナタマメ

フシグロセンノウの花

フシグロセンノウの花

マツムシソウ

マツムシソウ

石灰岩とアザミ

石灰岩とアザミ

  • 四国カルスト「石灰岩と初秋の花と実たち」
  • 伊良湖岬灯台の近くで咲く植物たち
  • マツムシソウ
  • フシグロセンノウ
  • コマクサ

一行四窓

 さまざまな心情、情景、移り変わりを表した「一行」の言葉と、その言葉からイメージする写真を「四つの窓」からの眺めに見立てて「一行四窓(いちぎょう しそう)」と名付けました。


 

● 清くて彩り豊かな、木曽駒ヶ岳の高山植物たち  明日に向かって

● せせらぎ”と一緒に、足音や野鳥の声も渡る橋

● 詩情を育て心を豊かにする美しい自然 今日も明日も

● ただただ眺める 白雪の高原 緑の草原 青い湖 紅葉の渓流

● 良い香りで私たちを誘う花 顔を寄せ合い


 癒し憩い画像データベースでもご覧いただけます / http://iyashi.midb.jp/bungaku/

 Youtube 再生リスト / https://bit.ly/3n9f4v9

癒しの音楽会

<第三部>

 九州がんセンターにて、ピアノコンサートや患者サポートを行っている「上床 育子」先生に、ピアノ演奏していただきました。ゆっくりと流れる風景や花の写真とともに、美しいピアノの音色、懐かしい名曲に耳を澄ませてみてください。

1. 緩やかなワルツ/グラナドス
2. 高貴なワルツ/グラナドス
3. グラナダ/アルベニス
4. カタルーニャ/アルベニス
5. オリエンタル/グラナドス

「NPO法人 癒し憩いネットワーク」について

四季を彩る草花、小魚戯れる小川のせせらぎ、どこか懐かしい棚田や里村の風景。それらの写真をみて心が「ほっ」と軽くなったことはありませんか?

“NPO法人癒し憩いネットワーク”は、「癒し憩い画像データベース」を基盤に、さまざまな画像・映像をもちいて「がん患者さんやご家族、医療従事者の皆さん」に「見える癒し」をお届けし、心の「癒し・憩い」を感じていただくことで、QOL(Quality of Life)の向上に貢献したく、様々な活動を行っています。

詳しくはNPO法人癒し憩いネットワークのウェブサイトをご覧ください。 http://iyashi-ikoi.net
「癒しの空間」バックナンバーもこちらでご覧いただけます。

「癒し憩い画像データベース」とは

2021年9月現在、都道府県の全てにわたり静止画348,220点、動画14,408個、植物3,094種を収録しています。それら画像を「四季の移り変わり」「名所の景勝地や旧跡」「癒しの言葉」などさまざまな視点で分類し公開しています。患者さんやご家族、医療従事者だけでなく、広く多くの人々に画像の持つ癒しを感じてもらいたいと、2001年からインターネットのホームページとして構築/公開されたデータベース。今後とも「テーマ別おすすめ」や「一行四窓」を一層充実させ、SDGs(持続可能な開発目標)の分野の一つである「すべての人に健康と福祉を」に、皆さんと連帯しながら活動したいと思っています。

 詳しくは癒し憩い画像データベースのウェブサイトをご覧ください。http://iyashi.midb.jp

リリー・オンコロジー・オン・キャンバスの写真をご紹介

この各作品はリリー・オンコロジー・オン・キャンバスの作品・エッセイです。

「リリー・オンコロジー・オン・キャンバス」について

リリー・オンコロジー・オン・キャンバスとは、 がんと告知された時の不安、がんと共に生きる決意、そしてがんの経験を通して変化したご自身の生き方など、言葉だけでは伝えきれない想いを絵画や写真で表現していただき、多くの方々と分かち合っていただく「場」です。

日本イーライリリーは、リリー・オンコロジー・オン・キャンバスを通じて、 がんになっても自分らしく生きられる社会を実現する一助となることを目指しています。

ぜひメールマガジンにご登録ください。
ぜひメールマガジンに
ご登録ください。
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい