癒しの空間

今月の写真

癒しの空間では、NPO法人癒し憩いネットワーク様より、お写真や動画をご提供いただき、ご覧いただきたい画像を寄稿しています。

希望運ぶ 四月の花

 令和三年も四月を迎えました。新型コロナ感染症は未だ収束していません。しかし、これまで日本各地で植物たちは、元気で春の訪れを謳歌していました。春の植物たちのなかで、代表的である桜の花と実を主体として紹介いたします。

 青森の弘前城は桜で有名で、その中でも名木の「シダレザクラ」は天守閣に色を添えます。また長野にある高遠城址公園では、ピンク色で小振りな高遠小彼岸桜(タカトオコヒガンザクラ)が、春風に乗って舞っていました。そして福岡では早くも、セイヨウミザクラが ”さくらんぼ” となって、黄色や紅色の実をつけています。また桜のほかでも、多くの花たちが本格的な春を迎えています。東京の神代植物公園では、黄色のキンランが野草に囲まれた中で、ひときわ目立ちました。そして熊本の阿蘇村では、スズランが白い花が下向きに、ひっそりと可憐に咲いていました。早く新型コロナ感染症が終息し、春の花や実たちを心から楽しむ様になりたいものです。

癒し憩い画像データベースでもご覧いただけます / https://iyashi.midb.jp/best/3034

YouTube再生リスト / https://bit.ly/31BOtgD

キンラン

キンラン

サクランボ

サクランボ

スズラン

スズラン

高遠小彼岸桜(タカトオコヒガンザクラ)

高遠小彼岸桜(タカトオコヒガンザクラ)

津軽・弘前城のシダレザクラ

津軽・弘前城のシダレザクラ

  • スズラン
  • キンラン
  • 満開のコヒガンザクラ
  • 春の弘前城「天守閣」と名木「シダレザクラ」
  • 春風に揺れるサクランボ(セイヨウミザクラ)

一行四窓

 さまざまな心情、情景、移り変わりを表した「一行」の言葉と、その言葉からイメージする写真を「四つの窓」からの眺めに見立てて「一行四窓(いちぎょう しそう)」と名付けました。

●  厳しい氷雪の海岸と港 動物も植物も逞しく生きている

●  ドドーンと砕け散る岩の飛沫 次の波頭が走って来る

●  美しい原生林 動植物たちを育み、大地に潤いを運ぶ

●  いろいろな場所で 水面に宿す多彩な影 静けさが染み入る

● 青空に広がる山々 年を経ても夢は羽ばたき、深くなる

 癒し憩い画像データベースでもご覧いただけます / http://iyashi.midb.jp/bungaku/

 Youtube 再生リスト / http://bit.ly/2I1Jmwj

癒しの音楽会

<第三部>

 九州がんセンターにて、ピアノコンサートや患者サポートを行っている「上床 育子」先生に、ピアノ演奏していただきました。ゆっくりと流れる風景や花の写真とともに、美しいピアノの音色、懐かしい名曲に耳を澄ませてみてください。

1. 緩やかなワルツ/グラナドス
2. 高貴なワルツ/グラナドス
3. グラナダ/アルベニス
4. カタルーニャ/アルベニス
5. オリエンタル/グラナドス

「NPO法人 癒し憩いネットワーク」について

四季を彩る草花、小魚戯れる小川のせせらぎ、どこか懐かしい棚田や里村の風景。それらの写真をみて心が「ほっ」と軽くなったことはありませんか?

“NPO法人癒し憩いネットワーク”は、「癒し憩い画像データベース」を基盤に、さまざまな画像・映像をもちいて「がん患者さんやご家族、医療従事者の皆さん」に「見える癒し」をお届けし、心の「癒し・憩い」を感じていただくことで、QOL(Quality of Life)の向上に貢献したく、様々な活動を行っています。

詳しくはNPO法人癒し憩いネットワークのウェブサイトをご覧ください。 http://iyashi-ikoi.net
「癒しの空間」バックナンバーもこちらでご覧いただけます。

「癒し憩い画像データベース」とは

2020年9月現在、静止画34万点、動画1.3万点、植物3000種を収録。それら画像を「四季の移り変わり」「名所旧跡」「癒しの言葉」などさまざまな視点で分類し公開。患者さんやご家族、医療従事者だけでなく、広く多くの人々に画像の持つ癒しを感じてもらいたいとインターネットのホームページとして構築/公開されたデータベースです。

詳しくは癒し憩い画像データベースのウェブサイトをご覧ください。 http://iyashi.midb.jp

リリー・オンコロジー・オン・キャンバスの写真をご紹介

この各作品はリリー・オンコロジー・オン・キャンバスの作品・エッセイです。

「リリー・オンコロジー・オン・キャンバス」について

リリー・オンコロジー・オン・キャンバスとは、 がんと告知された時の不安、がんと共に生きる決意、そしてがんの経験を通して変化したご自身の生き方など、言葉だけでは伝えきれない想いを絵画や写真で表現していただき、多くの方々と分かち合っていただく「場」です。

日本イーライリリーは、リリー・オンコロジー・オン・キャンバスを通じて、 がんになっても自分らしく生きられる社会を実現する一助となることを目指しています。

ぜひメールマガジンにご登録ください。
ぜひメールマガジンに
ご登録ください。
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい