癒しの空間

今月の写真

癒しの空間では、NPO法人癒し憩いネットワーク様より、お写真や動画をご提供いただき、ご覧いただきたい画像を寄稿しています。

寒気冴える 二月の花

 日本列島は季節的に、最も寒い2月に入りました。北海道や日本海側の本州は、今年も積雪の報道が盛んです。

 東京では青空の下、関東の空っ風が歩く人々のマフラーを揺らしています。そして九州の平地でも時々、雪が降り氷が張ります。このような冬でも、植物は雪にも氷にも負けないで、冬に映える花を咲かせ、蕾たちは間もなくやってくる東風を待っています。

 佐賀の武雄温泉の傍にある武雄神社では、ピンク色のサザンカが横なぐりの風雪の中で凛々しく咲き・・・、福岡の筥崎では黄色のフクジュソウが、雪どけを促すように開花し、九州がんセンターではカンヒザクラ(寒緋桜)がその名のように緋色の蕾や若い花弁を開かせています。阿蘇の山裾では、まだ白色を帯びたミツマタが房状の蕾を微かに揺らし、東京の江戸城の濠端では、マンサクの細長い花弁を四方に広げていました。その脇をランニングの人たちが通り過ぎてゆきました。

 さあ、来月は春が訪れます。

癒し憩い画像データベースでもご覧いただけます / https://iyashi.midb.jp/best/2770

Youtube再生リスト / "https://goo.gl/cmv7B6

カンヒザクラ(福岡・九州がんセンター)

カンヒザクラ(福岡・九州がんセンター)

ミツマタの蕾(熊本・阿蘇野草園)

ミツマタの蕾(熊本・阿蘇野草園)

サザンカ(佐賀・武雄神社)

サザンカ(佐賀・武雄神社)

フクジュソウ(福岡・筥崎宮)

フクジュソウ(福岡・筥崎宮)

マンサク(東京 江戸城濠端)

マンサク(東京 江戸城濠端)

  • カンヒザクラの蕾と開花
  • ミツマタの蕾とヤマフジの冬芽と蔓
  • 冬の武雄神社「雪のサザンカと心字池」
  • 残雪と福寿草
  • 江戸城濠端のマンサク

一行四窓

 さまざまな心情、情景、移り変わりを表した「一行」の言葉と、その言葉からイメージする写真を「四つの窓」からの眺めに見立てて「一行四窓(いちぎょう しそう)」と名付けました。

● 野原、水面や寺塔を、包んで流れ行く“あさぎり”

● 水生の植物や魚たちを、やさしくなでてゆく“わきみず”

● 風とたわむれる湖沼の“さざなみ”に、想い出も揺れる

● 四季にそって、木々、花たちは、“いろどり”豊かに・・・

● 花や落葉を、苔むした屋根や庭を、やさしく照らす“こもれび”

 癒し憩い画像データベースでもご覧いただけます / http://iyashi.midb.jp/bungaku/

 Youtube 再生リスト / https://goo.gl/AHsGvb

  • 野原、水面や寺塔を、包んで流れ行く“あさぎり”
  • 水生の植物や魚たちを、やさしくなでてゆく“わきみず”
  • 風とたわむれる湖沼の“さざなみ”に、想い出も揺れる
  • 四季にそって、木々、花たちは、“いろどり”豊かに・・・
  • 花や落葉を、苔むした屋根や庭を、やさしく照らす“こもれび”

「NPO法人 癒し憩いネットワーク」について

四季を彩る草花、小魚戯れる小川のせせらぎ、どこか懐かしい棚田や里村の風景。それらの写真をみて心が「ほっ」と軽くなったことはありませんか?

“NPO法人癒し憩いネットワーク”は、「癒し憩い画像データベース」を基盤に、さまざまな画像・映像をもちいて「がん患者さんやご家族、医療従事者の皆さん」に「見える癒し」をお届けし、心の「癒し・憩い」を感じていただくことで、QOL(Quality of Life)の向上に貢献したく、様々な活動を行っています。

詳しくはNPO法人癒し憩いネットワークのウェブサイトをご覧ください。 http://iyashi-ikoi.net
「癒しの空間」バックナンバーもこちらでご覧いただけます。

「癒し憩い画像データベース」とは

2017年6月現在、静止画30万点、動画1万点、植物2780種を収録。それら画像を「四季の移り変わり」「名所旧跡」「癒しの言葉」などさまざまな視点で分類し公開。患者さんやご家族、医療従事者だけでなく、広く多くの人々に画像の持つ癒しを感じてもらいたいとインターネットのホームページとして構築/公開されたデータベースです。

詳しくは癒し憩い画像データベースのウェブサイトをご覧ください。 http://iyashi.midb.jp

リリー・オンコロジー・オン・キャンバスの写真をご紹介

この各作品はリリー・オンコロジー・オン・キャンバスの作品・エッセイです。

「リリー・オンコロジー・オン・キャンバス」について

リリー・オンコロジー・オン・キャンバスとは、 がんと告知された時の不安、がんと共に生きる決意、そしてがんの経験を通して変化したご自身の生き方など、言葉だけでは伝えきれない想いを絵画や写真で表現していただき、多くの方々と分かち合っていただく「場」です。

日本イーライリリーは、リリー・オンコロジー・オン・キャンバスを通じて、 がんになっても自分らしく生きられる社会を実現する一助となることを目指しています。

ぜひメールマガジンにご登録ください。
ぜひメールマガジンに
ご登録ください。
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい