癒しの空間

今月の写真

癒しの空間では、NPO法人癒し憩いネットワーク様より、お写真や動画をご提供いただき、ご覧いただきたい画像を寄稿しています。

風通る十月の花

 秋たけなわの十月に入り、朝夕はめっきり涼しくなってきました。そして第5波の新型コロナも全国的には、やっと急減して来ました。しかし気を緩めることなく、各々が感染対策をしてゆくことが大切です。

 さて今月も日本各地の花や実の写真をお届けいたします。福岡では十月に咲くジュウガツザクラが、枝いっぱいに白い花弁を広げています。大分の高原でハバヤマボクチの白紫色を帯びた花と茎が、また神奈川の湿性花園でもアキチョウジが、薄紫色の細い筒状の花を並んでつけ、共に高原の風に揺れて・・・。石川の能登金剛ではススキの穂が夕陽を浴びて、日本海からの風にそよいでいました。そして北海道の立待岬では、ハマナスの赤い実が澄んだ青空に映えています。


癒し憩い画像データベースでもご覧いただけます https://iyashi.midb.jp/best/3082

YouTube再生リスト / https://bit.ly/3yKlx46

ジュウガツザクラ

ジュウガツザクラ

アキチョウジ

アキチョウジ

ハバヤマボクチ

ハバヤマボクチ

夕陽を浴びる海辺のススキ

夕陽を浴びる海辺のススキ

ハマナスの赤い実

ハマナスの赤い実

  • ハバヤマボクチ
  • 秋に咲くジュウガツザクラ
  • 秋の函館「立待岬」のハマナス
  • 夕陽とススキ
  • アキチョウジ

一行四窓

 さまざまな心情、情景、移り変わりを表した「一行」の言葉と、その言葉からイメージする写真を「四つの窓」からの眺めに見立てて「一行四窓(いちぎょう しそう)」と名付けました。


 

● 栄枯盛衰を語る天守閣に、四季の移ろいは静かに優しく寄り添う

● 黄の花から、緑を経て赤い実へ、雪にも負けずに春を待つ

● 滝はたえず流れ落ちる。新緑、深緑、紅葉、氷雪を友として

● 想い出を開く広い湿原。曲がりながらも小川はついて行く

● 季節の衣を纏いながら、絶え間なく奏で続ける渓流のせせらぎ


 癒し憩い画像データベースでもご覧いただけます / http://iyashi.midb.jp/bungaku/

 Youtube 再生リスト / https://bit.ly/39Yxc5t

癒しの音楽会

<第三部>

 九州がんセンターにて、ピアノコンサートや患者サポートを行っている「上床 育子」先生に、ピアノ演奏していただきました。ゆっくりと流れる風景や花の写真とともに、美しいピアノの音色、懐かしい名曲に耳を澄ませてみてください。

1. 緩やかなワルツ/グラナドス
2. 高貴なワルツ/グラナドス
3. グラナダ/アルベニス
4. カタルーニャ/アルベニス
5. オリエンタル/グラナドス

「NPO法人 癒し憩いネットワーク」について

四季を彩る草花、小魚戯れる小川のせせらぎ、どこか懐かしい棚田や里村の風景。それらの写真をみて心が「ほっ」と軽くなったことはありませんか?

“NPO法人癒し憩いネットワーク”は、「癒し憩い画像データベース」を基盤に、さまざまな画像・映像をもちいて「がん患者さんやご家族、医療従事者の皆さん」に「見える癒し」をお届けし、心の「癒し・憩い」を感じていただくことで、QOL(Quality of Life)の向上に貢献したく、様々な活動を行っています。

詳しくはNPO法人癒し憩いネットワークのウェブサイトをご覧ください。 http://iyashi-ikoi.net
「癒しの空間」バックナンバーもこちらでご覧いただけます。

「癒し憩い画像データベース」とは

2021年9月現在、都道府県の全てにわたり静止画348,220点、動画14,408個、植物3,094種を収録しています。それら画像を「四季の移り変わり」「名所の景勝地や旧跡」「癒しの言葉」などさまざまな視点で分類し公開しています。患者さんやご家族、医療従事者だけでなく、広く多くの人々に画像の持つ癒しを感じてもらいたいと、2001年からインターネットのホームページとして構築/公開されたデータベース。今後とも「テーマ別おすすめ」や「一行四窓」を一層充実させ、SDGs(持続可能な開発目標)の分野の一つである「すべての人に健康と福祉を」に、皆さんと連帯しながら活動したいと思っています。

 詳しくは癒し憩い画像データベースのウェブサイトをご覧ください。http://iyashi.midb.jp

リリー・オンコロジー・オン・キャンバスの写真をご紹介

この各作品はリリー・オンコロジー・オン・キャンバスの作品・エッセイです。

「リリー・オンコロジー・オン・キャンバス」について

リリー・オンコロジー・オン・キャンバスとは、 がんと告知された時の不安、がんと共に生きる決意、そしてがんの経験を通して変化したご自身の生き方など、言葉だけでは伝えきれない想いを絵画や写真で表現していただき、多くの方々と分かち合っていただく「場」です。

日本イーライリリーは、リリー・オンコロジー・オン・キャンバスを通じて、 がんになっても自分らしく生きられる社会を実現する一助となることを目指しています。

ぜひメールマガジンにご登録ください。
ぜひメールマガジンに
ご登録ください。
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい