寄付のお願い

ご存知ですか?

日本人の2人に1人が生涯でがんを患い、3人に1人ががんで命を失っています。日本では毎年100万人が新たにがんと診断され、40万人が命を失っています。

がんサバイバーの数は?

700万人を下らないと推察されます。そしてがんは誰でもかかる可能性のある病気であることから、予備軍まで含めれば遠からずその数は1,000万人を越えるでしょう。がんはすべての人にとって無縁ではない、という視点を忘れる訳にはいきません。

がんに負けない社会をつくる!

がんは国民の最大の病です。700万のがんサバイバーの「治りたい」「普通の生活がしたい」という思いや、家族や大切な人を「支えたい」という気持ちに寄り添うことから始めませんか。将来的には1,000万人の1割、100万人の想いをつなぐことを目標にします。

がんサバイバー・クラブが「担う」こと

2017年6月、当ウェブサイトの立ち上げにあたり何が求められているのか調査をしました。がんサバイバー本人は「治りたい」「普通の生活がしたい」と強く願い、家族や友人は大切な人を「支えたい」という気持ちにあふれています。私たちはその想いに寄り添い、求められる情報をウェブサイトで発信していきたいと考えました。
がん医療は急速に進歩していますが、がんと就労の問題やがんと高齢化の問題など、新たな問題も出てきています。働く世代にがんと診断される方は増加しており、就労環境の多様化により向き合う事態も様々です。また高齢化社会の進行や核家族化に伴い、一人暮らしでがんと向き合う方もいらっしゃいます。新たな共助・共生社会の構築が強く求められているのです。2017年6月私たちが目指すのは、志を共にする全ての方や、組織や団体と共助・共生しながら、がんサバイバーの希望を共に育んていくことです。希望を「繋ぐ」役目を、このがんサバイバー・クラブで担っていきたいと考えています。

運営組織は?

運営母体である公益財団法人日本対がん協会は、1958年日本癌学会でがん征圧のための全国組織の必要性が提起されたのを受けて設立され、「がん征圧を国民運動」とするべく約60年の長きにわたりがん啓発、がん予防、がん検診、がん教育等に取り組んで参りました。がんサバイバー・クラブをバックアップしてまいります。

寄付の詳細を知りたい

寄付のタイプ別ボタンをクリックしていただくと詳細説明へジャンプします。

個人の方へ(一般寄付)

がんサバイバー・クラブの活動に対し、金銭面のご支援をお願いいたします。
がんサバイバー・クラブは特定公益増進法人に認定されていますので、寄付金には税法上の優遇措置が適用されます。
個人様のご支援の方法には【一般寄付】と【月間・年間サポート会員】の形があります。詳細は個人会員規定をご一読下さい。

【種類と皆さまにお届けするもの】

ご寄付金額 回数 お支払方法 会員証 会員バッチ メルマガ がんサバイバー・キット
ご寄附金額自由な額を寄付 回数任意 お支払方法
みずほ銀行振込
クレジットカード
ゆうちょ銀行振込
みずほ銀行振込
会員証なし 会員バッチなし メルマガ※1 がんサバイバー・キット※2

※1:メルマガは希望者のみ/月2回程度の配信を予定しております。
※2:初回ご入会時に希望者のかたへお送りします。

がんサバイバー・キット

がんサバイバー・クラブオリジナルロゴ入りトートバッグに、『がん読本(公財日本対がん協会)』などの印刷物が入っています。一般寄付の方で2,000円以上のご支援をして下さった方の内、ご希望された方に初回のみ送付しています。お手続き完了後の発送となり、お時間をいただきますがご了承ください。

個人の方へ(月間・年間サポート会員)

がんサバイバー・クラブの活動に対し、金銭面のご支援をお願いいたします。
がんサバイバー・クラブは特定公益増進法人に認定されていますので、寄付金には税法上の優遇措置が適用されます。
個人様のご支援の方法には【一般寄付】と【月間・年間サポート会員】の形があります。詳細は個人会員規定をご一読下さい。

【種類と皆さまにお届けするもの】

ご寄付金額 回数 お支払方法 会員証 会員バッチ メルマガ がんサバイバー・キット
個人月間サポート会員 ご寄付金額毎月の会費額
500円~10,000円
回数月1回 お支払方法クレジットカード 会員証※3 会員バッチ メルマガ※4 がんサバイバー・キット※5
個人年間サポート会員 ご寄付金額ひと口5,000円~ 回数年1回 お支払方法クレジットカード
ゆうちょ銀行振込
みずほ銀行振込
会員証※3 会員バッチ メルマガ※4 がんサバイバー・キット※5

※3:会員証はご入会時および継続更新時にお送りします。
※4:メルマガは希望者のみ/月2回程度の配信を予定しております。
※5:初回ご入会時に希望者のかたへお送りします。

会員証

がんサバイバー・クラブの会員であることの証明書です。初回はご入会時、翌年以降は毎年1月に、月間サポート会員、年間サポート会員の方にお送りします。お手続き完了後の発送となり、約1ヵ月以上お時間をいただきますがご了承ください。(名刺サイズ、 マットPP紙)

会員バッジ

がんサバイバー・クラブのロゴが入ったバッジです。サバイバーシップ(希望の船)に乗り込んだサバイバーの様子を表現しました。帽子やカバンにつけることができます。ご入会時に、月間サポート会員と年間サポート会員の方にお送りします。お手続き完了後の発送となり、約1ヵ月以上お時間をいただきますがご了承ください。(サイズ 2cm×2cm、金属製)

がんサバイバー・キット

がんサバイバー・クラブオリジナルロゴ入りトートバッグの中に、『がん読本(公財日本対がん協会)』などのがんに関する印刷物が入っています。新規に月間サポート会員、年間サポート会員となられた方で、ご希望の方に送付しています。お手続き完了後の発送となり、お時間をいただきますがご了承ください。

法人の皆さまへ

がんサバイバー・クラブの活動に対し、金銭面のご支援をお願いいたします。
当クラブへの法人会費は、当会では寄付金として処理しておりますため、損金算入の対象としていただくことが可能です。ただし、税務署により見解の相違が見られる場合もありますので、事前に税理士へのご確認をいただくことをお奨め致します。

ご存知ですか?

がんと診断される方の3割が就労世代です。
仕事を持ちながら通院しているがんサバイバーは32.5万人います。
がんと診断された勤務者の34%が依願退職、解雇、自営業等の者の13%が廃業しています。
生涯に2人に1人が、年間では100万人ががんに罹患する時代です。組織で働く人たちの中からがんと診断される方が生じても何の不思議もありません。がんと共に生きる時代になってきたことから、離職防止、治療と就労の両立支援はとても重要な課題です。がんサバイバー・クラブでは2017年7月より社会保険労務士による「がんと就労」電話相談(無料)を開始しました。
私どもはがんに関する情報提供にも力を入れています。ぜひ大切な従業員の皆さまにご紹介ください。
がんサバイバー・クラブをご支援いただくことは、従業員の方ががんと診断された時にきっとお役にたつことと思います。ご理解のうえ、ご支援をいただければ幸いです。

【ご支援方法と皆様へお送りするもの】

ご寄附金額 回数 お支払方法 会員証(楯) 機関誌 メルマガ ロゴのHP掲載
法人一般寄付 ご寄附金額任意 回数任意 お支払方法クレジットカード
みずほ銀行振込
会員証(楯) 機関誌 メルマガ※8 ロゴのHP掲載※9
法人年間サポート会員 ご寄附金額10万円~ 回数年1回 お支払方法クレジットカード
みずほ銀行振込
会員証(楯)※6 機関誌※7 メルマガ※8 ロゴのHP掲載※9

※6:会員証(盾)はご入会時、翌年以降は毎年1月にお送りします。
※7:機関誌は定期的な配信を予定しております。
※8:メルマガはご希望される場合のみ/月2回程度の配信を予定しております。
※9:ご希望される場合のみ年間10万円以上の寄付の御礼

法人会員証

入会時に、会員証書および証書を入れる楯をお送り致します。証書は、会員期間が更新される都度、領収書と共にお送り致します。受付や応接室などでの設置、あるいはCSRレポートや社内報への掲載にご活用ください。
法人会員楯サイズ 縦:155mm/横:120mm/幅:75mm

ご寄付に関するQ&A(個人向け)

【Q】がんサバイバー・クラブの会員とは?

【A】個人月間サポート会員、個人年間サポート会員と、法人年間サポート会員を指します。毎月、または毎年の継続的なご支援をして下さっている方を、がんサバイバー・クラブでは「会員」と呼んでいます。

【Q】寄付・入会をしたいのですが、今後の流れはどのようになりますか。

【A】こちらからご確認下さい。

【Q】会費と寄付の違いは何ですか?

【A】がんサバイバー・クラブでは次のように区別しています。

「会費」:がんサバイバー・クラブに入会し、毎月または毎年継続的にご支援くださっている方からの支援金

「寄付」:随時、1回ごとにお寄せいただく支援金

【Q】領収書(寄付証明)は発行されますか?

【A】ご希望により発行されます。オンライン申込みの際に、領収書をご希望の方は「希望する」をご選択下さい。

個人月間サポート会員の場合:1月から12月末までにいただいた寄付金額を1年分まとめて記した領収書を翌年1月中に送付いたします。

個人一般寄付・個人年間サポート会員の場合:会費や寄付金をクレジットカードで納入された場合、お申し込みをいただいてから入金が確認されるまで約2カ月程度かかる場合があります。入金を確認後、領収書を発行し送付いたします。

なお、ホームページからの入会や寄付お申込みの際に「領収書不要」を選択いただいた方へは、領収書は発行されません。

【Q】<個人の方>寄付すると税法上の優遇措置は受けられますか?

【A】:はい。当クラブへの支援金(会費及び寄付)は税法上の優遇措置が受けられます。当クラブの運営母体である日本対がん協会は「公益財団法人」の認定を得ていますので、毎年の寄付は、2,000円を超える分が所得の課税対象から控除されます(確定申告をする必要があります)。また、控除は「所得控除」と「税額控除」のいずれかを選択できます。 相続税への優遇措置もあります。

【Q】:<法人の方>寄付すると税法上の優遇措置は受けられますか?

【A】:はい。当クラブへの支援金(会費および寄付)は税法上の寄付金として処理しておりますため、損金算入の対象としていただくことが可能です。ただし、税務署により見解の相違が見られる場合もありますので、事前に税理士へのご確認をいただくことをお奨め致します。

【Q】領収書の名義をクレジットカードや振込口座の名義と異なるものにしたいのですができますか。

【A】はい、できます。寄付ページの領収書名義の欄に、領収書の名義人をご記入ください。なお通常、領収書はクレジットカードまたは振込口座の名義で発行いたします。支払者と異なる名義で発行することをご希望の場合は、お申し込みの際の領収書名義に明記ください。

【Q】個人月間サポート会員を停止して、年間サポート会員になりたいのですがどうしたらいいですか?

【A】月間サポート会員を「退会」していただき、年間サポート会員として申込みしていただく必要があります。月間サポート会員についての退会方法についてはこちらをご確認下さい。

【Q】個人月間サポート会員の停止はできますか。

【A】停止ではなく、いったん退会の手続きをしていただく必要があります。再びがんサバイバー・クラブの会員をご希望の場合は、もう一度こちらのオンライン画面よりお申込み下さい。

【Q】がんサバイバー・キットを申し込んだかどうか忘れてしまいました。

【A】がんサバイバー・キットは個人月間・年間サポート会員の方、または一般寄付2,000円以上の方で希望された方に送付しています。オンラインで納入された方の場合は、申し込みをされた際にお送りしているメールの【サバイバー・キットの送付】の項目をご確認ください。

【Q】会員証と会員バッジはいつ送られてきますか?

【A】会員証は初回はお申し込みをされた後、お引き落しまたは入金が確認された後に送付し、翌年以降は毎年1月に送付しています。会員バッジは、初回の会員証と同時にお送りしています。(バッジは初回のみ、翌年以降の送付はありません)

【Q】支援(寄付または会費)の金額によって特典の違いはありますか?

【A】特にありません。がんサバイバー・キットに関しては一般寄付の場合は、2,000円以上ご支援された方に送付しています。

【Q】退会したいのですが?

【A】こちらのお問い合わせフォームより件名を【会員退会希望】としたうえで、以下の項目をすべてご記入の上、送信下さい。以下の情報が不足しているとお手続きに時間がかかる場合がございます。必ずすべてご記入ください。

———————————

件名【会員退会希望】

①ご氏名

②メールアドレス

③住所

④電話番号

⑤性別

⑥誕生年

———————————-

●個人月間サポート会員の引き落としについて

原則クレジットカードによる納入となっており、退会申出受付の時点で、すでに各金融機関へ引き落とし請求が完了している会費については、引落しを中止することはできません。また引き落とされた会費についての返金等は行なっておりません。詳細は個人会員規定をご確認下さい。

●個人年間サポート会員の引き落としについて

振込およびクレジットカードによる納入に対応しており、お振込みいただいた寄付金の返金や、引き落とし請求完了後の引き落としの中止や返金には応じておりません。詳細は個人会員規定をご確認下さい。

【Q】個人情報はどのように管理されていますか。

【A】ご入力いただく個人情報は厳重に管理し、事前承諾なしに第三者へ開示されることはありません。詳細はプライバシーポリシーをご確認ください。

PAGE TOP