垣添忠生 サバイバーストーリー

サバイバーストーリー

「プロの患者」としてがんと対峙してきた
日本対がん協会 常務理事 関原健夫さん

掲載日:2017年12月13日 14時13分

33年だからこそ、語れるメッセージがある

 1回でも大変ながんの手術。それを6度も受けてがんを克服したのが、「日本対がん協会」常務理事の関原健夫である。
 1984年7月、39歳の関原は、日本興業銀行ニューヨーク支店の営業課長として、多忙な日々を送っていた。
 異変は、腹部の違和感から始まった。トイレに通う頻度が増えた。便は固く、羊のふんに似ていた。残便感もある。ただ、もともと便秘気味だったので、気にかけなかった。
 9月中旬、日本から届く「週刊朝日」を読んでいたら、こんな記述を見つけた。「大腸がんの三つの症状といえば、出血、腹痛、便通の異常です……」。関原は直感した。10月中旬には下血。そして11月初め、告知された。
 米国は大腸がんの症例が日本よりずっと多い。関原はニューヨークで手術を受けた。がん細胞を取り切れたように見えたが、医師はこう告げた。「転移・再発の可能性が極めて高く、統計的には、5年生存率は20%程度です」。
 それから33年。いわば「プロの患者」としてがんと対峙してきた。心臓バイパス手術や急性心筋梗塞も経験した。だからこそ、語れるメッセージがある。

続きは動画でご覧ください。

【関原健夫】(せきはら・たけお)=1945年、中国・北京生まれ。京都大学法学部卒。1969年、日本興業銀行入行。ニューヨーク支店で営業課長だった84年、大腸がんが発覚。米国で手術を受ける。その後も転移、再発を繰り返しながら6回の手術で乗り切る。日本興業銀行取締役、みずほ信託銀行副社長などを務める。2002年、日本対がん協会の評議員。理事を経て、2008年より常務理事。政府の「がん対策推進協議会」委員として第1期の「がん対策推進基本計画」(2007年策定)にも参画した。著書に『がん六回、人生全快』〈復刻版〉(ブックマン社)。

その他:サバイバーストーリー

テーマごとの記事を読む

予防・早期発見
治りたい
普通の生活をおくりたい
支えたい

予防・早期発見

がん予防・禁煙活動
がん予防新12か条
がん検診

治りたい

がん診察連携拠点病院一覧
治療・臨床試験情報

普通の生活がしたい

がん相談窓口
がん相談Q&A
就労相談(社労士)

支えたい

全国患者会・患者支援団体
寄付のお願い
癒しの空間
垣添忠生・サバイバーストーリー
ご支援いただいている法人様

がんについて

ぜひメールマガジンにご登録ください。
ぜひメールマガジンに
ご登録ください。
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい