JAPAN CANCER SURVIVORS DAY 2019

ジャパン キャンサー サバイバーズ デイ 2019JAPAN CANCER SURVIVORS DAY 2019

2019/6/2 日曜日 参加無料

がんサバイバーや家族のために
支援活動情報を提供するイベント

専門的に活動している各種支援団体が集結し、参加者が、自分や所属する患者会に合った情報を収集できるイベントです。
支援団体やサバイバー仲間との新たな出会い、支援団体同士のつながりも生まれます。
開催2回目となる2019年のテーマは【あなたの「生きる」に寄り添う人がここにいる】。
支援団体の集結に加え、今年は、がんサバイバーと家族に寄り添う、医療現場のプロフェッショナルも集結します。

イベント概要Overview

開催日時

2019年6月2日(日) 10:00~17:00

会場

国立がん研究センター 築地キャンパス 新研究棟

〒104-0045 東京都中央区築地5丁目1-1

各交通機関からのアクセス

都営地下鉄 大江戸線 築地市場駅A3番出口から徒歩3分

東京メトロ 日比谷線 築地駅2番出口から徒歩5分

東京メトロ 日比谷線・都営地下鉄 浅草線 東銀座駅6番出口から徒歩6分

東京メトロ 有楽町線 新富町駅4番出口から徒歩9分

詳しい行き方(国立がん研究センターサイトへ)

都営大江戸線 築地市場駅

東京メトロ 日比谷線 築地駅

東京メトロ 日比谷線・都営地下鉄 浅草線 東銀座駅

参加

無料(要申込) / 定員500名 / 入退場自由
がんサバイバー、患者会関係者、家族、行政、企業、学生、マスコミ等

出展団体紹介
(がんサバイバー・患者会活動を支援している団体)

  • 癒し憩いネットワーク
  • オレンジティ
  • がんサポートコミュニティー
  • がん情報サイト「オンコロ」
  • がんと暮らしを考える会
  • がんの子どもを守る会
  • がんフォト*がんストーリー
  • がん相談ホットライン(日本対がん協会)
  • キープ・ママ・スマイリング
  • キャンサーネットジャパン
  • キャンサーフィットネス
  • キャンサーペアレンツ
  • ジャパンチームオンコロジープログラム
  • 東京大学医学部附属病院 外見ケアグループ
  • 東京大学医学部附属病院 がん相談支援センター
  • 日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT・ジャムティ)
  • 日本キャリア開発協会
  • Hope Tree(ホープツリー)
  • マギーズ東京
  • メディエゾン
  • リレー・フォー・ライフ・ジャパン(日本対がん協会)
  • リンパカフェ~リンパ浮腫サポートネットワーク~
  • わたしのがんネット
  • AQUADOLL(アクアドール)
  • 資生堂ライフクオリティービューティーセンター
  • ※最大30団体出展予定。順次公開していきます。

  • ※以下資料のみ出展※
  • チームGOEN

    日本オストミー協会

    STAND UP!!

主催

公益財団法人 日本対がん協会 がんサバイバー・クラブ運営委員会

後援

国立がん研究センター / 東京都 (すべて申請中)

がんサバイバー・クラブ 寄付会員の方へ

会員証 会員証を会場でご提示ください。

ささやかではございますが、特典をご用意してお待ちしております。

参加申し込みはこちら

スケジュールSchedule

メインホールでの講演とパネルディスカッション、出展ブース会場、展示パネルなど、さまざまなプログラムがございます

  • AM | 10:00~12:00
  • PM | 13:00~17:00
10:00~
オープニング
メインホール

開会挨拶

公益財団法人日本対がん協会 会長 垣添 忠生
参加された皆さまへのご挨拶とJCSD2019の説明・各出展者さまのご紹介
10:15~
出展ブース開始
全エリアオープン

すべてのエリアオープン

展示ブース会場1・2、 あなたの「生きる」に寄り添う人パネルコーナーなど、お立ち寄りください
10:30~11:00
基調講演
メインホール

がんを体験したこころのケア

国立がん研究センター 精神腫瘍科長
清水 研先生

1998年金沢大学医学部卒業。一般内科・精神科研修を経て、2003年より精神腫瘍学を専門とし、国立がん研究センターにおいて3,000人以上のがん体験者と家族の診療に あたる。2012年より現職。2012、2013、2015年度には、日本対がん協会のリレー・フォー・ライフを通じた寄付プログラム「プロジェクト未来」の研究助成を受け、小児がんおよび幹細胞移植サバイバーのサポートに取り組んでいる。日本総合病院精神医学会理事、日本サイコオンコロジー学会理事。
【清水先生の取材記事】
がん患者とその家族のこころに寄り添い、人生を伴走する医療 ~精神腫瘍科・サイコオンコロジー~
11:00~11:15
休憩

15分休憩

メインホール内は飲食厳禁です。水分補給につきましても休憩所をご利用ください。
11:15~11:30
出展者PRタイム①
メインホール

団体名(詳細が決まり次第公開します)

 
11:30~11:45
出展者PRタイム②
メインホール

団体名(詳細が決まり次第公開します)

 
11:45~12:00
出展者PRタイム③
メインホール

団体名(詳細が決まり次第公開します)

 
12:00~13:00
休憩

お昼休憩

休憩所や中央病院内カフェ、レストランなどをご利用ください。メインホールは飲食厳禁です。

13:00~14:10
パネルディスカッション
メインホール

がん患者と家族に寄り添うことについて考える

ファシリテーター
国立がん研究センター 精神腫瘍科長
清水 研先生

1998年金沢大学医学部卒業。一般内科・精神科研修を経て、2003年より精神腫瘍学を専門とし、国立がん研究センターにおいて3,000人以上のがん体験者と家族の診療にあたる。2012年より現職。2012、2013、2015年度には、日本対がん協会のリレー・フォー・ライフを通じた寄付プログラム「プロジェクト未来」の研究助成を受け、小児がんおよび幹細胞移植サバイバーのサポートに取り組んでいる。日本総合病院精神医学会理事、日本サイコオンコロジー学会理事。
【清水先生の取材記事】
がん患者とその家族のこころに寄り添い、人生を伴走する医療 ~精神腫瘍科・サイコオンコロジー~


パネリスト
がん研究会有明病院 がん相談支援センター がん看護専門看護師
花出 正美先生


病院看護師、看護系大学・大学院教員を経て、2005年よりがん研究会有明病院で勤務。現在、がん相談支援センターで、個別相談、サポートグループの活動などに取り組んでいる。


パネリスト
東京都立小児総合医療センター 血液・腫瘍科
松井 基浩先生

2011年浜松医科大学医学部卒。現在東京都立小児総合医療センター 血液・腫瘍科で小児がんの診療に従事。高校1年で悪性リンパ腫に罹患し、国立がんセンター中央病院で治療を行った。2009年にAYA世代がんの患者会「STAND UP!!」を設立した。


パネリスト
普門寺 副住職
高橋 悦堂先生

1979年、宮城県栗原市生まれ。普門寺副住職。東日本大震災後、読経供養や傾聴支援活動に関わる。その後、宮城県の在宅緩和ケア医、岡部健氏より、がんを患う自分の最期を看取るよう告げられ、ご家族とともに最期の日々に寄りそう。東北大学臨床宗教師研修修了後、在宅緩和ケアや地域福祉などの現場で、他職種と連携しながら活動している。

パネリスト
東京大学医学部附属病院 乳腺・内分泌外科 助教、がん相談支援センター 副センター長兼任
分田 貴子先生

2002年東京大学医学部卒業。治療による見た目の変化に悩む患者さんの声をきっかけに、カバーメイクをはじめとする「外見ケア」に取り組む。リレー・フォー・ライフの助成により、ネイルケアなどの院内ボランティアサービスを受けた患者さんの気持ちの変化を調査中。2019年からは、院内ヨガクラスも開始。目指すテーマは、「治療中でも自分らしい生活」。
【分田先生の取材記事】
第16回 “見た目”の悩みも外来で!? カバーメイク・外見ケア外来〜東京大学医学部附属病院 分田貴子医師インタビュー〜木口マリの「がんのココロ」
14:15~14:30
出展者PRタイム④
メインホール

団体名(詳細が決まり次第公開します)

 
14:30~14:45
出展者PRタイム⑤
メインホール

団体名(詳細が決まり次第公開します)

 
14:45~15:00
休憩
メインホール

15分休憩

メインホール内は飲食厳禁です。水分補給につきましても休憩所をご利用ください。
15:00~16:00
講演
メインホール

ネット情報との付き合い方 ~その情報、信頼できますか~

国立がん研究センター がん対策情報センター がん情報提供部 医療情報コンテンツ室 室長
早川 雅代先生

薬や病の情報を作り届ける仕事に20年以上従事。難病体験と共に、医療情報の正しさや制度等に疑問を抱き、製薬会社から大学へ。患者とITが研究テーマ。現職では月に約500万頁利用されるウェブサイト「がん情報サービス」にて患者向けの情報作成を担当。東京大学大学院医学系研究科卒。薬剤師、公衆衛生学修士(専門職)、医学博士。
16:05~16:20
出展者PRタイム⑥
メインホール

団体名(詳細が決まり次第公開します)

 
16:20~16:35
出展者PRタイム⑦
メインホール

団体名(詳細が決まり次第公開します)

 
16:35~16:50
出展者PRタイム⑧
メインホール

団体名(詳細が決まり次第公開します)

 
16:35~16:50
クロージング
メインホール
16:50~17:00

閉会挨拶

公益財団法人日本対がん協会 事務局長 岡本 宏之

ブース出展Exhibition

癒し憩いネットワーク

NPO法人癒し憩いネットワークは、「見る癒し」コンテンツを制作し、患者さん、ご家族、医療従事者のQOL(Quality Of Life)向上のサポートおよび支援活動を行っています。

オレンジティ

認定NPO法人オレンジティは、女性のがん体験者がその人らしく生きるための支援としてアピアランスケア、リンパ浮腫、里親養子縁組、ピアサポート等の情報提供をしています。

がんサポートコミュニティー

専門家による心理社会的なサポートを東京・千葉・大阪で提供するがん患者支援団体です。

がん情報サイト「オンコロ」

がん情報サイト「オンコロ」は、有益で正しいがん医療情報を、Webサイトやセミナーで発信しています。

がんと暮らしを考える会

がん患者のお金・仕事・制度に関する専門家が所属し、病院での相談会・がん制度ドックの運営を行っています。

がんの子どもを守る会

小児がんに関する知識の普及、相談、調査・研究、支援、宿泊施設の運営などを行っています。

がんフォト*がんストーリー

それぞれが感じた「あたたかな瞬間」を写真と言葉で綴る、投稿型ウェブ写真展です。

がん相談ホットライン(日本対がん協会)

がんに関する不安や悩みについて、どなたでもご利用いただける相談窓口です。

キープ・ママ・スマイリング

子どもの入院に付き添うお母さんやご家族に野菜を中心としたおいしい食事を差し入れする活動を柱に、病気の子どもを育てるお母さんが笑顔で子育てできるよう応援しています。

キャンサーネットジャパン

キャンサーネットジャパンは、科学的根拠に基づくあらゆる情報を発信しています。

キャンサーフィットネス

がん患者の体力作り、健康作りのための支援活動を行っています。

キャンサーペアレンツ

こどもをもつがん患者の方が、同じ境遇の方を検索でき、つながることができる、コミュニティサービス「キャンサーペアレンツ」を運営しています。

ジャパンチームオンコロジープログラム

Japan TeamOncology Program(J-TOP)は、患者中心のがんチーム医療を推進するオンコロジーリーダーを育成するプログラムです。

東京大学医学部附属病院
外見ケアグループ

外見ケア外来、院内ウィッグ展示会やネイルサービスなど、見た目の変化へのサポートを積極的に行っています。

東京大学医学部附属病院 がん相談支援センター

他院の患者さん・ご家族の方からの相談も、相談員(看護師)が親身にお受けします。

日本キャリア開発協会

日本キャリア開発協会(JCDA)は、全国に18,000人を超えるキャリアカウンセラーを擁するNPO法人です。仕事と治療の両立支援を応援しています。

Hope Tree(ホープツリー)

NPO法人Hope Treeは、がんになった親の子どもをサポートするための情報やプログラムを提供しています。

マギーズ東京

がんに影響を受けた本人・家族・友人・遺族が無料で予約なく、寛いだり、専門職と話ができる相談支援センターです。

メディエゾン

国境を越えた医療の架け橋で治療法の選択肢を広げます。

リレー・フォー・ライフ・ジャパン(日本対がん協会)

がん患者さんやそのご家族を支援し、地域全体でがんと向き合い、がん征圧を目指します。1年を通じて取り組むチャリティ活動です。

リンパカフェ~リンパ浮腫サポートネットワーク~

リンパ浮腫を抱える人、家族、その他市民、企業、国際団体といった社会の多様な立場の人と共に、「リンパ浮腫があっても安心して暮らせる社会」の構築を目指しています。

わたしのがんネット

「がん1万人の声」や「がんカフェ」など全国の患者会と連携し社会に啓発しています。

AQUADOLL(アクアドール)

株式会社クロスオーバーのAQUADOLL(アクアドール)は、安心、安全、高品質な医療用ウィッグをお手頃価格でご提供。快適な日常生活をサポートします。

資生堂ライフクオリティー
ビューティーセンター

がん治療の副作用による外見変化にお悩みの方へ、メーキャップケアリストがカバーメイクのアドバイスをしています。

※最大30団体出展予定。順次公開していきます。

           ※以下、資料設置のみ※

STAND UP!!

STAND UP!!は35歳までにがんにかかった若年性がん患者による、若年性がん患者のための団体です。

チームGOEN

私たちは支援者管理業務(DRM)の専門家集団です。日本対がん協会をはじめ約50団体のファンドレイジング業務を支援しています。

日本オストミー協会

(公社)日本オストミー協会は、オストメイト(人工肛門・人工膀胱保有者)が安心して暮らせる社会を目指しているオストメイトによるオストメイトのための障害者団体です。

参加申し込みはこちら

お問い合わせContact

公益財団法人日本対がん協会 がんサバイバー・クラブ運営委員会
Tel: 03-3541-4771

ぜひメールマガジンにご登録ください。
ぜひメールマガジンに
ご登録ください。
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい