ちらし寿司
情報提供:おいしい健康さん
調理時間
1時間以上
主な材料
米、卵、こんにゃく、れんこん、にんじん、しいたけ、さやいんげん
栄養価(1人分)
エネルギー309kcal
たんぱく質9.7g
脂質6.3g
炭水化物51.2g
コレステロール168mg
食塩相当量1.4g
食物繊維2.1g
カリウム273mg
カルシウム78mg
マグネシウム37mg
リン172mg
1.7mg
亜鉛1.6mg
ビタミンA132µg
ビタミンE0.6mg
ビタミンB10.12mg
ビタミンB20.23mg
ビタミンB60.17mg
ビタミンB120.5µg
葉酸41µg
ビタミンC6mg
ビタミンD0.8µg
栄養価を全部見る
監修
おいしい健康 管理栄養士
監修者のコメント
ひな祭りやお祝い事にぴったりのちらし寿司。卵そぼろやいんげんを彩りよく盛り付けて華やかに。

レシピが生まれたストーリー

 れんこんや干ししいたけなどを甘辛く煮詰めて五目ちらしに。米を3人分で1合と少なめにして、一般的なちらし寿司と比べてエネル…続きを読むギーを控えにしていますが、具だくさんにすることで物足りなさを感じません。酢飯は、酢をきかせて味覚が感じにくい時や食欲がない時でも食べやすいのでおすすめです。錦糸卵を作るのが大変な時は、卵そぼろでもいんげんなどと彩りよく盛り付ければ、ひな祭りやお祝い事にぴったりの華やかなちらし寿司に。

材料(3人分)

150 g
だし用昆布3 g
180 ml
A米酢大さじ2 (30 g)
A砂糖大さじ1 (9 g)
A塩小さじ1/4 (1.5 g)
こんにゃく60 g
にんじん30 g
れんこん 30 g
しいたけ30 g
Bだし汁120 ml
Bみりん大さじ2/3 (12 g)
Bしょうゆ大さじ2/3 (12 g)
さやいんげん18 g
白ごま大さじ1 (9 g)
卵(Lサイズ)120 g
C砂糖大さじ2/3 (6 g)
C塩0.3 g

作り方

  1. 【下準備】
  2. 米は洗ってざるにあげ、30分ほどおきます。
  3. 【手順】
  4. 炊飯釜に洗った米と昆布、分量の水を入れて炊飯します。Aを混ぜ合わせ、合わせ酢を作ります。
  5. こんにゃくは長さ2cmの短冊切りにし、熱湯でさっとゆでます。にんじんは長さ2cmの拍子木切りにします。
  6. れんこんは厚さ3mmのいちょう切りにし、水にさらします。しいたけは石づきを落として幅2mmに切ります。
  7. 鍋にBを入れてひと混ぜし、5と6を入れて弱火にかけ、煮汁がほとんどなくなるまで煮ます。火を止め、粗熱を取ります。
  8. さやいんげんは熱湯で1分ほどゆでてざるにあげ、粗熱がとれたら斜め薄切りにします。
  9. 卵を溶きほぐし、Cを入れて混ぜ合わせます。
  10. 別の鍋に卵液を入れて弱めの中火にかけ、箸を数本束ねて混ぜながら加熱します。そぼろ状になったら火からおろします。
  11. 炊き上がったご飯に、合わせ酢を回しかけ、切るようにして混ぜます。
  12. 酢飯に煮汁をきった7とごまを入れ、混ぜ合わせて器に盛ります。卵とさやいんげんを散らして出来上がりです。
おいしそう
ひとさじ募金
ひとさじ募金とは?
Twitterでシェア Facebookでシェア

レシピ投稿でがんサバイバー支援
あなたの経験がみんなのレシピに生まれ変わります

  1. 1レシピを投稿
    レシピをがんの経験や食事の工夫とともに入力します
  2. 2管理栄養士が監修
    管理栄養士が計量・栄養価を計算し、写真を撮ります
  3. 3レシピを公開
    あなたのレシピが今がんと向き合う誰かの役に立ちます
  4. 4支援につながる
    おいしい健康より日本対がん協会に寄付が行なわれます

みんなのレシピ がんサバイバーのみなさまの食を中心とした生活の工夫やレシピを公開しています。

症状・シーンでレシピをさがす

みんなのがん手帖 がんサバイバーの方の「食」との付きあい方に焦点を当ててご紹介

ぜひメールマガジンにご登録ください。
ぜひメールマガジンに
ご登録ください。