ドライカレーのお弁当

ドライカレーのお弁当

情報提供:おいしい健康さん
調理時間
30分以内
主な材料
ご飯、合い挽き肉、玉ねぎ、アスパラガス、いちご
栄養価(1人分)
エネルギー580 kcal
たんぱく質17.8 g
脂質22.4 g
炭水化物73.3 g
糖質69.9 g
コレステロール144 mg
食塩相当量2.4 g
食物繊維3.4 g
カリウム393 mg
カルシウム53 mg
マグネシウム32 mg
リン161 mg
1.6 mg
亜鉛1.6 mg
ビタミンA118 µg
ビタミンE1.5 mg
ビタミンB10.13 mg
ビタミンB20.19 mg
ビタミンB60.21 mg
ビタミンB120.2 µg
葉酸89 µg
ビタミンC37 mg
ビタミンD0.6 µg
栄養価を全部見る
監修
おいしい健康 管理栄養士
監修者のコメント
野菜がとれるドライカレーのお弁当。スパイスが効いた濃いめの味付けで冷めてもおいしい。卵と果物でかわいらしく仕上げます。

レシピが生まれたストーリー

 見た目もかわいらしい、ドライカレーのお弁当。カレーには野菜をたくさん入れて彩りと栄養バランスをアップします。カレーなどの…続きを読むスパイスは口腔内を刺激するので、味覚を感じにくい時や食欲がない時にもおすすめ。冷めてもおいしいのでお弁当にぴったりです。フルーツはいちごではなく季節のフルーツを入れても。※アスパラガスと果物はご飯が冷めてから詰めるようにしましょう。

材料(2人分)

ご飯300 g
【ドライカレー】
 合いびき肉100 g
 玉ねぎ80 g
 ピーマン30 g
 にんじん20 g
 エリンギ20 g
 サラダ油小さじ1 (4 g)
 カレールウ30 g
 Aケチャップ小さじ1と2/3 (10 g)
 Aウスターソース小さじ2/3 (4 g)
 A塩0.2 g
 Aこしょう少々
 ゆで卵50 g
【添え】
 アスパラガス30 g
 塩(アスパラガス用)0.4 g
 いちご60 g

作り方

  1. 【ドライカレー】玉ねぎとピーマン、にんじん、エリンギは粗みじん切りにします。ゆで卵は輪切りにします。
  2. フライパンにサラダ油を中火で熱し、合いびき肉を入れてほぐしながら炒めます。
  3. 肉の色が変わったら、玉ねぎを加えてしんなりするまで炒めます。
  4. にんじんとエリンギを加えて火が通ったら、カレールウを加え、全体によくなじませます。
  5. Aを入れて混ぜ合わせたら、ピーマンを加えて炒め合わせます。
  6. 弁当箱にご飯を詰めてドライカレーをかけ、ゆで卵を飾ります。
  7. 【添え】アスパラガスは長さ4cmに切り、耐熱容器に入れます。
  8. 塩を振り、ふんわりとラップをかけて電子レンジ(600w)で1分加熱します。(加熱時間は2人分の目安です。)
  9. 弁当箱にアスパラガスといちごを詰めます。
おいしそう
ひとさじ募金
ひとさじ募金とは?
Twitterでシェア Facebookでシェア

レシピ投稿でがんサバイバー支援
あなたの経験がみんなのレシピに生まれ変わります

  1. 1レシピを投稿
    レシピをがんの経験や食事の工夫とともに入力します
  2. 2管理栄養士が監修
    管理栄養士が計量・栄養価を計算し、写真を撮ります
  3. 3レシピを公開
    あなたのレシピが今がんと向き合う誰かの役に立ちます
  4. 4支援につながる
    おいしい健康より日本対がん協会に寄付が行なわれます

みんなのレシピ がんサバイバーのみなさまの食を中心とした生活の工夫やレシピを公開しています。

症状・シーンでレシピをさがす

みんなのがん手帖 がんサバイバーの方の「食」との付きあい方に焦点を当ててご紹介

ぜひメールマガジンにご登録ください。
ぜひメールマガジンに
ご登録ください。