新着情報

7月20日 75歳、自転車北海道1周!

掲載日:2018年7月23日 10時39分

垣添忠生の全国縦断がんサバイバー支援ウォーク 一言ブログ 7月20日

 長万部の街中にある温泉宿を朝7時半に出て、歩きはじめました。国道5号は長万部から内陸に入ります。およそ15キロで国道と別れて、JR函館本線の黒松内(くろまつない)駅方面へ向かいました。
 すると、私と同年代の男性が道路脇で休んでいました。聞けば、単独で、自転車で北海道一周旅行をしているとのこと。75歳だそうです。お互いに写真を撮り合い、エールを交換しました。彼は10キロの装備を自転車にくくりつけていています。
 登山もやっているそうで、私の足元を見て、「いい靴だなあ」とおっしゃっていました。うれしい一言です。ドイツのローバーというブランドの靴です。靴紐のかかり方が絶妙で、足首が固定され非常に安定しています。東京・吉祥寺の「山幸」という小さな専門店で買いました。ここは店主もよく山に登っている店で、的確に選んでくれます。
 黒松内町は、クマゲラの街です。マンホールにもクマゲラがデザインしてあり、黒松内駅では、無人駅なのに、どこかで録音したものでしょう、クマゲラが木をつつく音を流していました。黒松内は同時に、ブナの北限でもあります。そんな看板が出ていました。ブナは新緑も紅葉も美しく、好きな樹木です。
 黒松内からは倶知安(くっちゃん)まで、1時間ほど列車に乗りました。1両編成で、ゆっくり進みます。
 ちょっと残念な光景に出くわしました。途中のニセコ駅で、30代後半ぐらいのアメリカ人夫婦が、子ども2人を連れて降りました。お父さんは前に小さな荷物、背中にリュックを背負い、さらに重そうなスーツケースを2つ、持っています。若者2人も降りたので、どうするのかなと見ていたら、先に行ってしまいました。お父さんは、苦労しながら荷物を運んでいました。
 ふと、妻とドイツへ行ったときのことを思い出しました。フランクフルトで列車に乗ろうとした私は、2人分のスーツケースをどうやって運ぼうかと思案していました。すると若い男性が、黙ってスーツケースをホームまで運んでくれて、ニコニコ笑って去っていきました。
 言葉の問題ではないのです。大切なのは、ホスピタリティーです。スーツケースを持ってあげれば、日本の印象も上がったことでしょう。
 夜はニセコ比羅夫のホテルに泊まりました。スキーシーズンには、オーストラリアやニュージーランドなどからの外国人で賑わうそうです。ホテルのバーのカウンターで一杯飲みました。ニッカウヰスキーの「余市」のシングルモルトをロックで。シェリー樽で熟成した逸品だそうです。贅沢なひとときを過ごしました。

インスタグラムでも発信中です!

JAPAN CANCER SURVIVORS DAY 2018

テーマごとの記事を読む

がんと生きる
木口マリのがんのココロ
がん相談ホットラインより
スタッフ便り

予防・早期発見

がん予防・禁煙活動
がん予防新12か条
がん検診

治りたい

がん診察連携拠点病院一覧
治療・臨床試験情報

普通の生活がしたい

がん相談窓口
がん相談Q&A
就労相談(社労士)

支えたい

全国患者会・患者支援団体
寄付のお願い
癒しの空間
垣添忠生・サバイバーストーリー
ご支援いただいている法人様

がんについて

ぜひメールマガジンにご登録ください。
ぜひメールマガジンに
ご登録ください。
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい