新着情報

「まさか」のときこそ仲間と乗り越えたい

掲載日:2018年9月20日 10時53分

~リレー・フォー・ライフのシーズンを迎えて~

「がんになって治療していることを周りに話せない」
 こんなふうに感じたことはありませんか?
「同じような世代、同じような立場、同じような病状の仲間に会いたい」
こんなふうに感じたことはありませんか?

 リレー・フォー・ライフの会場には、同じような経験をした先輩や仲間がきっと参加しています。
 治療、痛み、悩み……それは自分にだけ起こった特別なことではないのです。そのことに気づくことができます。それだけでも、気持ちは変わります。
同じ体験をした仲間に出会ってほしい。出会った経験を持つ仲間たちは、その想いを話しています。

リレー・フォー・ライフってなんだろ?

 がん患者さんやそのご家族を支援し、地域全体でがんと向き合い、がん征圧を目指す――それがリレー・フォー・ライフです。1年を通じて取り組む、がんで苦しむ人を減らすためのチャリティ活動です(詳しくはこちら)。
 1985年にアメリカで始まり、現在は世界約30カ国で行われています。大きな活動です。

 先日、リレー・フォー・ライフ・ジャパンとちぎ(栃木県壬生町)に参加してきました。開催7年目、たくさんの実行委員さん、ボランティアさんに準備をしていただきました。
 9月8日の正午に開会し、翌9日の正午に閉会です。「がん」は24時間眠らない、を表現し夜を通してリレーウォークをします。

 最初の1周はサバイバーズ・ウォークと呼ばれ、がん告知経験者がフラッグを持って歩きます。それを支える皆さんがトラックの周囲から拍手で讃えます。
 私も、がん告知経験者が持てるバンダナを持って、1周、胸を張って歩きました。たくさんの皆さんからの「頑張ったね」が背中を押してくれます。

「とちぎは毎年、雨がすごいんですよ。雨対策は大丈夫です」

紫のバンダナはサバイバーを表します

 笑顔でお話しされる実行委員さんの言葉通り、夜は大雨でした。しかし、みなさん、何事もないようにチームや個人で歩いています。トラックに灯されたルミナリエも、雨対策のビニールをかけてもらい朝まで、歩く人たちの足元を灯します。

 次の日は雨も上がり、青空に恵まれました。
 特別な1日でした。

好きな時間に参加できる

 9月~10月は、全国各地で毎週のようにリレー・フォー・ライフが開催されます。お近くの方はちょっとだけ勇気をもって会場をご覧ください。
 きっと多くの仲間の笑顔があります。
 事前申込はいりませんし、好きな時間に参加して、帰っても大丈夫です。

 生涯で2人に1人ががんを告知される時代と言われています。
 2005年に「がん」を告知される前は、私も理由もなく、自分には関係ないと思っていました。ある先生がこんなことを言っていました。人生には上り坂、下り坂だけじゃなく「まさか」があると。私の場合も、まさに「まさか」でした。
 あれから15年。「まさか」の時こそ仲間と一緒に越えていきたいと願うばかりです。

 リレー・フォー・ライフの開催地、開催日程はこちらをご覧ください。

(文・横山光恒)

JAPAN CANCER SURVIVORS DAY 2018

テーマごとの記事を読む

がんと生きる
木口マリのがんのココロ
がん相談ホットラインより
スタッフ便り

予防・早期発見

がん予防・禁煙活動
がん予防新12か条
がん検診

治りたい

がん診察連携拠点病院一覧
治療・臨床試験情報

普通の生活がしたい

がん相談窓口
がん相談Q&A
就労相談(社労士)

支えたい

全国患者会・患者支援団体
寄付のお願い
癒しの空間
垣添忠生・サバイバーストーリー
ご支援いただいている法人様

がんについて

ぜひメールマガジンにご登録ください。
ぜひメールマガジンに
ご登録ください。
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい