新着情報

3月6日 歩道あれこれ

掲載日:2018年3月7日 10時17分

垣添忠生の全国縦断がんサバイバー支援ウォーク 一言ブログ 2018年3月6日

 暖かい陽気のもと、栄のホテルから千種区の愛知県がんセンターまで約7キロを歩きました。日本対がん協会事務局長の岡本宏之と一緒です。
 センターでは、富永祐民名誉総長、木下平総長らの出迎えを受けました。サバイバーの方たちとは会えませんでしたが、日本対がん協会愛知県支部(公益財団法人「愛知県健康づくり振興事業団総合健診センター」)のメンバー2人、対がん協会理事長の後藤尚雄も加わり、お話を伺いました。
 さて、本日で、第2回ウォークは終了です。締めのランチは、名古屋名物のひつまぶし。
 西日本の主要国道を歩いてきて感じたのは、歩道の歩きやすさです。
 山間部で道幅が狭いと、白線の外側に30センチぐらいしか歩道がありません。とはいえ幹線道路ですから、ダンプや大型トラックがビュンビュン通ります。サバイバー支援ののぼりを見せるどころではなく、ときに壁にへばりついてやり過ごしました。
 都市部でなくても街中に入れば歩道はありますが、狭くて、排水のためか斜めになっています。歩道があるだけマシとはいえ、バランスを取りにくいです。
 それに比べると、幅がある歩道は、きれいに舗装されていて歩くのが楽です。
 最高なのは、自転車の専用部分も分けている歩道です。こういうところではたいてい、車道との間に街路樹や植栽があり、車に直接触れる危険もありません。気分よく歩けました。
 そういえば、瀬戸内しまなみ海道では、サイクリストのため、車道と自転車を仕切る青い線が描かれており、行く先や距離の表示もきめ細かく路上に記されていました。
 強者のトラックやダンプ、自動車に対して、弱者の自転車、さらに弱者の歩行者をどのように守るか。地域差もあります。がん対策にも通じるな、と思いました。
 足はだいぶ快復してきました。9日からは第3回のウォークに出かけます。いつも暖かい励ましやご支援に感謝しております。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

インスタグラムでも発信中です!

JAPAN CANCER SURVIVORS DAY 2018

テーマごとの記事を読む

予防・早期発見
治りたい
普通の生活をおくりたい
支えたい

予防・早期発見

がん予防・禁煙活動
がん予防新12か条
がん検診

治りたい

がん診察連携拠点病院一覧
治療・臨床試験情報

普通の生活がしたい

がん相談窓口
がん相談Q&A
就労相談(社労士)

支えたい

全国患者会・患者支援団体
寄付のお願い
癒しの空間
垣添忠生・サバイバーストーリー
ご支援いただいている法人様

がんについて

ぜひメールマガジンにご登録ください。
ぜひメールマガジンに
ご登録ください。
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい