新着情報

4月10日 剣岳

掲載日:2018年4月11日 13時12分

垣添忠生の全国縦断がんサバイバー支援ウォーク 一言ブログ 4月10日

 東京から新幹線で金沢方面へ向かうときは左側、帰るときは右側の座席を取ります。北アルプスの山々、中でも剣岳を見たいからです。
 剣岳は標高2999メートル。「岩と雪の殿堂」と言われるように、非常に険しく、カニのヨコバイ、カニのタテバイ、といった難所があります。長く前人未踏でした。明治末期、旧陸軍の陸地測量部が“初登頂”に成功します。しかし、山頂で彼らが見たのは、修験者が使う錫杖や焚火の跡でした。奈良時代ごろのものらしいです。
 新田次郎の小説『剣岳 点の記』が2009年に映画化されたので、ご存知の方もいらっしゃるでしょう。
 私にとって、この剣岳は、思い出深い山です。
 2007年の大みそかに妻が亡くなって2カ月後ぐらい経ったころのこと。銀座のなじみの老舗割烹のカウンターでひとり、鬱屈して酒を飲んでいたら、山の話が聞こえてきました。「そばに行っていいですか?」とお断りして話の輪に加わりました。
 そこで出会ったのが、Wさんです。若いころに仲間を剣岳で失っていました。毎年9月に、慰霊の気持ちも込めて剣岳に登っているそうです。1年半後の9月に私も同行させていただくことになりました。
 それから、本格的に体を鍛えるようになり、4人のパーティーで、無事に山頂に立てました。その後も1回登っています。1人では到底無理です。いわば、私が悲しみから立ち上がる大きなきっかけとなった山なのです。
 今日は快晴のもと、そんな剣岳を見ながら、ゆっくり歩きました。春霞に包まれていましたが、屹立する姿を堪能できました。
 実は今日は、77歳の誕生日。喜寿です。感慨や抱負? 何もありません。年を1つとっただけ。まだまだ通過点に過ぎないのです。

インスタグラムでも発信中です!

JAPAN CANCER SURVIVORS DAY 2018

テーマごとの記事を読む

がんと生きる
木口マリのがんのココロ
がん相談ホットラインより
スタッフ便り

予防・早期発見

がん予防・禁煙活動
がん予防新12か条
がん検診

治りたい

がん診察連携拠点病院一覧
治療・臨床試験情報

普通の生活がしたい

がん相談窓口
がん相談Q&A
就労相談(社労士)

支えたい

全国患者会・患者支援団体
寄付のお願い
癒しの空間
垣添忠生・サバイバーストーリー
ご支援いただいている法人様

がんについて

ぜひメールマガジンにご登録ください。
ぜひメールマガジンに
ご登録ください。
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい