新着情報

5月19日、20日 ビールを小ジョッキで1杯

掲載日:2018年5月22日 15時35分

垣添忠生の全国縦断がんサバイバー支援ウォーク 一言ブログ 5月19日、20日

 19日の朝、ホテルをチェックアウトする前に、仲の良い泌尿器科医の藤岡知昭・岩手医大名誉教授に電話を入れました。症状を説明して、アドバイスを求めたのです。
 実は藤岡先生も尿閉の経験があります。尿道を緩めて排尿しやすくする薬の服用を勧められました。

 薬局では売っていないので、さっそく、前日訪問させていただいた国立がん研究センター東病院へ行き、救急で受診。薬を処方してもらいました。
 藤岡先生からは「カテーテルを抜いても、すぐに元に戻るわけではありません」とも教えられて、気分がグッと楽になりました。

 つくばエクスプレスに2駅乗って守谷で下車。タクシーで10キロ乗り、そこから、ひたち野うしくまで歩きました。40代後半とおぼしき運転手さんは、元競輪選手。若いころに東京から京都まで、自転車で4日で走ったことがあるそうです。
降車したときに、「先は長いから、しっかり頑張ってください」と励まされ、ガッチリ握手を交わしました。

 座薬や飲み薬などの効果もあり、体調は戻ってきました。ふだんは何も意識せず行っている排尿も、実は高度な機能だと、今さらながら実感しました。
 翌20日も一部タクシーの力を借りて、国道6号を石岡まで歩きました。晴天のもと、緑はいよいよ濃くなり、ところどころ田植えも始まっています。筑波山も見えます。
 栗の白い花、アザミ、ムラサキツユクサなどが咲いていました。桐朋中学1年のとき、顕微鏡でムラサキツユクサの細胞分裂を観察し、植物の成長を実感した記憶がインプットされています。

 疲れや尿閉の影響もあるのでしょう。2月のウォーク開始前より5キロやせて、太もももほっそりしてきました。そのため、18日の夜には、Tボーンステーキ400グラムとトマトの冷製パスタを食べました。水でステーキを食べたのは、私には前代未聞のことです。
 19日には、恐る恐るお酒を再開。ビールを小ジョッキ1杯、飲みました。大丈夫でした。そこで20日は、ビールを普通のジョッキで1杯と、石岡市の地酒の府中誉を1合、ぬる燗でいただきました。
 酒飲みにとって、お酒が飲めるかどうかは、大きいのです。

インスタグラムでも発信中です!

JAPAN CANCER SURVIVORS DAY 2018

テーマごとの記事を読む

がんと生きる
木口マリのがんのココロ
がん相談ホットラインより
スタッフ便り

予防・早期発見

がん予防・禁煙活動
がん予防新12か条
がん検診

治りたい

がん診察連携拠点病院一覧
治療・臨床試験情報

普通の生活がしたい

がん相談窓口
がん相談Q&A
就労相談(社労士)

支えたい

全国患者会・患者支援団体
寄付のお願い
癒しの空間
垣添忠生・サバイバーストーリー
ご支援いただいている法人様

がんについて

ぜひメールマガジンにご登録ください。
ぜひメールマガジンに
ご登録ください。
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい