新着情報

5月24日 声をかけられる幸せ

掲載日:2018年5月25日 14時42分

垣添忠生の全国縦断がんサバイバー支援ウォーク 一言ブログ 5月24日

 昨日は、栃木県立がんセンターから東武宇都宮駅周辺まで15人ぐらいでウォークしました。今朝はホテルからJR宇都宮駅まで1.5キロ近くの道のりを1人で歩いていて、駅の近くまで来てふと気づきました。
 帽子を忘れてる!

 ホテルまで取りに戻り、再び駅へ向かっていたら、突然、女性に声をかけられました。
「あら、先生!」
 なんと、4月9日、今回のウォークで訪れた富山県立中央病院でお目にかかった臨床検査技師さんです。日本輸血・細胞治療学会に参加されていたそうです。さっそく自撮りをしました。

 無理をしないで電車に4駅乗り、蒲須坂という駅で降りました。それから、のんびりとウォークです。午前中は涼しくてよかったのですが、午後から気温が上がってきます。
 途中、コンビニに寄ったら、また女性に声をかけられました。
「昨日、NHKを見ました。まさかこんなところで会えるとは思いませんでした。1人で歩いていらっしゃるとは驚きました!」

 聞けば60代で、乳がんのサバイバーだそうです。私と会えたことをとても喜んでくださり、「何かごちそうしましょうか」とお誘いいただきました。
 丁重にお断りしてウォークを続けていると、雨が降ってきました。すると、後ろから来た車が止まりました。先ほどの女性です。
「車でお送りしましょうか」
 暖かい言葉に感謝しつつも、歩くことにしました。

 今日はほかにも、国道4号で信号待ちをしていたら、ガソリンスタンドの方から励ましの言葉をかけられました。やはり、テレビをご覧になったそうです。
 声をかけられる幸せを実感した1日でした。
 お昼は、もやしラーメンとコーヒー。ものすごい量ですが、600円の安さです。おいしくいただきました。早めに宿に入り、大相撲観戦を楽しみました。体調は、戻っています。

インスタグラムでも発信中です!

JAPAN CANCER SURVIVORS DAY 2018

テーマごとの記事を読む

予防・早期発見
治りたい
普通の生活をおくりたい
支えたい

予防・早期発見

がん予防・禁煙活動
がん予防新12か条
がん検診

治りたい

がん診察連携拠点病院一覧
治療・臨床試験情報

普通の生活がしたい

がん相談窓口
がん相談Q&A
就労相談(社労士)

支えたい

全国患者会・患者支援団体
寄付のお願い
癒しの空間
垣添忠生・サバイバーストーリー
ご支援いただいている法人様

がんについて

ぜひメールマガジンにご登録ください。
ぜひメールマガジンに
ご登録ください。
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい