新着情報

命のリレーに参加してみませんか?

掲載日:2018年6月15日 15時43分

2018年度のリレー・フォー・ライフ開催情報

リレー・フォー・ライフって聞いたことがありますか?

参加されたことはありますか?

 リレー・フォー・ライフは、がんと告知された人(サバイバー)たち、そして、それを支える人たちが地域全体でがんと向き合い、がん征圧を目指して1年を通じて取り組むチャリティ活動です。
 イベント会場には、告知されたばかりの方から、告知から20年を超える人まで、多くの人が集います。自分と同じがんの先輩に会えると未来への希望を感じます。
 また、自分の経験が誰かの役にたったと感じると、自信につながります。

 会場には、サバイバーを支える人たち(ケアギバー)も集まります。
 ウォークコースがあり、参加者はチームや個人で歩きます。ウォークは夜通し続けられ体調に応じて休憩をとるなど、無理のない範囲で参加できます。

 リレー・フォー・ライフには『生きていることを祝福し(祝う Celebrate)』『旅立った愛する人たちをしのび(しのぶ Remember)』『がんに負けない社会を作る(立ち向かう Fight Back)』の3つの大きなテーマがあります。
 この3つを包み込む使命は“Save Lives”。直訳すると「命を救う」ですが、単に医療による救命を指すのではありません。
 医療に従事していなくても、リレー・フォー・ライフに参加し寄付金を募ることで医療の進歩に貢献し、間接的に人の命を救うことができます。 そして、生きる希望を失った人の支えになることもまた、命を救うことです。リレー・フォー・ライフにおける“Save Lives”のもうひとつの意味、それは「人の魂を救う」ことなのです。

 リレー・フォー・ライフは、現在、世界約30ヵ国、約6,000ヵ所で開催され、年間寄付は470億円にのぼります。

 2018年度、日本では全国48ヵ所(6/13現在)の開催を予定しています。お預かりした寄付で新薬や治療法の開発を目指して、本年度の研究助成制度「プロジェクト未来」の公募が始まっています。
 2015年度に「プロジェクト未来」で採択され助成を受けた名古屋大学の奥野友介先生の研究成果の中では「助成金はかけがえのないものだった」とメッセージを頂いています。

 まだ、リレー・フォー・ライフを知らない方は、ぜひ、お近くの会場を覗いてみてください。
 準備は何もいりません。
 きっと新しい出会いがあるはずです。

ぜひメールマガジンにご登録ください。
ぜひメールマガジンに
ご登録ください。
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい