ポッカレモンでひと工夫

2019年8月7日

 今年6月2日に開かれたがんサバイバー・クラブ主催の「ジャパンキャンサーサバイバーズデイ」。日本対がん協会のブースでは「あなたのおいしいを教えてください」という食事のアンケートを行いました。

 その際に40代くらいの女性が「ポッカレモンが活躍しました!」と教えてくださいました。
 
 ポッカレモンを水や炭酸で割って飲んだり、スポーツドリンクにも混ぜて製氷皿で凍らせて、水筒に入れて仕事にも持っていったり。程よく溶けたころ口に入れると気分がすっきりしたそうです。
 
 ほかにも、ちらし寿司に少し加えるだけでさっぱりとおいしく召し上がれたといいます。
 ちらし寿司の具は、かにかまや小ネギ、胡麻。キッチンバサミでちょきちょき切れる食材を中心にするなど、できるだけ調理の負担を少なくしました。

 体調のすぐれないときでも作りやすく、おいしくと考案された工夫。ぜひ試してみてくださいね。

(文・写真=がんサバイバーキッチン編集部)

みんなの工夫 楽に、気負わずお料理や食事をするためのみなさんの工夫をご紹介

レシピ投稿でがんサバイバー支援
あなたの経験がみんなのレシピに生まれ変わります

  1. 1レシピを投稿
    レシピをがんの経験や食事の工夫とともに入力します
  2. 2管理栄養士が監修
    管理栄養士が計量・栄養価を計算し、写真を撮ります
  3. 3レシピを公開
    あなたのレシピが今がんと向き合う誰かの役に立ちます
  4. 4支援につながる
    おいしい健康より日本対がん協会に寄付が行なわれます

みんなのレシピ がんサバイバーのみなさまの食を中心とした生活の工夫やレシピを公開しています。

症状・シーンでレシピをさがす

みんなのがん手帖 がんサバイバーの方の「食」との付きあい方に焦点を当ててご紹介

ぜひメールマガジンにご登録ください。
ぜひメールマガジンに
ご登録ください。