リリー・オンコロジー・オン・キャンバス

【一般投票賞】 写真部門『きっと 大丈夫。』

著作者:東山 由実 さん
出展:日本イーライリリー株式会社

【一般投票賞】 写真部門『きっと 大丈夫。』

10年前に子宮頸がんになったとき。

息子を保育所に送った後、車のラジオから子どもが小さい頃大好きだったアニメのマーチが流れてきた。パンチの効いた歌声が心に真っ直ぐ刺さり、我慢していた涙が溢れ、大声で泣きながら歌った。子どもたちのために生きると誓って。

9年前に乳がんになったとき。

半年前には異常は なかったのに、自分で見つけた腫瘍。俄かに信じることはできなかったけれど、腫瘍はすでに大きく1週間後には手術を受けた。衝撃には耐性ができていたのか、2年続けてがんになるなんて不思議だった。術後「ひょっとこ」のように曲がってしまった乳房を鏡で見たときは可笑しくて、そして初めて泣いた。

2年前乳がんが再発したとき。

初発の手術でリンパも取り、放射線治療も長いホルモン療法も予定通り終わっていた。もうがんは治ったのだと思うくらいすっかり安心していただけに、感じたことのない恐怖が一気に私を襲った。ああ、これががん患者と いうことなのだ。でも子どもたちのために絶対死なない。それだけを願い病院を出た、ふと見上げた真っ青な夏空には、大きな鳳凰のような雲。こんなことってあるんだ。私を護ってくれるようだった。

そして今。

乳房を取り、いくつもの抗がん剤をしたけれど、今でもどこかにガンは隠れている。終わるはずだった抗がん剤治療はエンドレスになった。それから1年近く経ち、仕事と両立してきた体も心もくたくたになってきた。何を目標に進めばよいのか気持ちを保つのも簡単なことではない。そんなとき出かけた先で、山の中から今生まれたばかりの鮮やかな 虹が目の前に現れた。虹は「勇気を出して、一度きりの人生を楽しんでごらん」と、次の何かへ私を導いてくれているのかなと思えた。

そうだ。困ったときにはいつだって、私が上を向けるよう、前を向けるようにと神様が贈り物を届けてくれている。だからきっと大丈夫。どんなことがあっても大丈夫。

日本イーライリリー株式会社の許諾なく、著作物を編集したり、他の目的で使用したり、第三者に対して更に使用許諾したりすることはできません。
この各作品はリリー・オンコロジー・オン・キャンバスの作品・エッセイです。

リリー・オンコロジー・オン・キャンバスの写真をご紹介

この各作品はリリー・オンコロジー・オン・キャンバスの作品・エッセイです。

ぜひメールマガジンにご登録ください。
ぜひメールマガジンに
ご登録ください。
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい