リリー・オンコロジー・オン・キャンバス

【最優秀賞】絵画部門 『笑顔の花』

著作者:安藤 真央 さん
出展:日本イーライリリー株式会社

【最優秀賞】絵画部門 『笑顔の花』

「あのね、お母さん、癌かもしれん」と、母からの電話を受け取ったのは、出張先でのことでした。実家から離れて働きに出て、家族の有難さを噛みしめていた時の知らせに私は涙が止まりませんでした。その後、一緒に行った病院での検査の結果は陽性。さらに涙が溢れました。

昔からずっと明るくて元気だった母の突然の病気に、家族一同、心底落ち込みました。心が追いつかないまま手術や治療の話が決まっていきます。父も兄も落ち込んだままで、家族の会話も減っていきました。

「お母さん、これから食事のことや生活習慣のこと、見直していこうと思う。癌について勉強して、同じように癌と闘う人達の力になりたい。だからあなたもやりたいことをやっていいからね」。手術を終えて、これからについて考えていた時のこと、母から伝えられた突然の言葉に私は衝撃を受けました。癌になって一番辛いのは、怖いのは、他でもなく母自身のはずです。それなのに、前を向いて微笑む母の力強い姿がそこにありました。私は母に、何が出来ていたでしょうか。落ち込んだ姿を見せていただけではないでしょうか。母は病気になってもしっかりと前を向いているのに。私は何ができるだろう、私にしか出来ないことがあるのではないか、そう考えた時にふと、「絵を描こう」と思いました。幼い頃から母がよく褒めてくれた、私の大好きな絵を描こう、と。

それから、母は癌についてのあらゆる本を読んで勉強し、それを実践しながら毎日笑顔で暮らしています。癌が見つかって四ヶ月。再発の可能性が無いわけではありません。それでも母は、やりたいことを思いきりやって、人生を謳歌しています。私はそんな母に負けないよう、笑顔で生きていこうと決めています。自分の笑顔が母の笑顔に繋がるのだと、母が教えてくれたからです。そしてまたその笑顔が、誰かの笑顔に繋がっていくことを信じています。

日本イーライリリー株式会社の許諾なく、著作物を編集したり、他の目的で使用したり、第三者に対して更に使用許諾したりすることはできません。
この各作品はリリー・オンコロジー・オン・キャンバスの作品・エッセイです。

リリー・オンコロジー・オン・キャンバスの写真をご紹介

この各作品はリリー・オンコロジー・オン・キャンバスの作品・エッセイです。

JAPAN CANCER SURVIVORS DAY 2018

テーマごとの記事を読む

がんと生きる
木口マリのがんのココロ
がん相談ホットラインより
スタッフ便り

予防・早期発見

がん予防・禁煙活動
がん予防新12か条
がん検診

治りたい

がん診察連携拠点病院一覧
治療・臨床試験情報

普通の生活がしたい

がん相談窓口
がん相談Q&A
就労相談(社労士)

支えたい

全国患者会・患者支援団体
寄付のお願い
癒しの空間
垣添忠生・サバイバーストーリー
ご支援いただいている法人様

がんについて

ぜひメールマガジンにご登録ください。
ぜひメールマガジンに
ご登録ください。
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい
治りたい